スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Demdike Stare / Wonderland (2016)

Demdike Stare / Wonderland demdikstaregrapsh.jpg
Released Date: Nov. 2016

インダストリアルの魔術

Demdike StareのDemdikeは1612年の有名なイギリスの魔女裁判で裁かれた魔女一族の名前から来ている。彼らの音楽には、その名からも連想できる、どこかオカルト風なものが漂っている。作品のほとんどはBookmat傘下のModern Loveからリリースされているが、このレーベルは2000年代にはDeepChordによるEchospaceの「The Coldest Season」やClaro Intelectoの作品をリリースしていて、個人的には氷のように冷たく透明なイメージをそのレーベルに対してはもっていた。しかし、2010年代に入ってからはAndy StottとDemdike Stareがすっかりこのレーベルの顔となり、ベースが蠢くオカルト的なダークなカラーのレーベルになってしまった。

さて、本作は彼らにとっては4年ぶりのフルアルバムだ。ただ、最後のアルバム「Elementary」以降はフロア寄りのシリーズ作(Testpressingシリーズ)をいわば実験的にリリースしており、更にはMillie & Andrea名義でのジャングル寄りのコンビ作も2014年に1枚出している。このような寄り道は、彼らの新作に少なからずとも影響を与えたようにも感じられ、それまでアヴァンギャルドと形容するだけでは物足りなかった彼らの音楽は、ここである種のまとまりを持つようになったようにも思える。ただ、彼らの邪悪な魔術世界は健在で、「FullEdge (eMpTy-40 Mix)」では、伏魔殿の渦に堕ちて行くような恐怖感が味わえる。そして「Hardnoise」は本作全体に貫かれているインダストリアルな本質を物語っている作品といえる。そこでは、人体が耐えうる限界ギリギリまでの轟音ノイズビートが迫って来たかと思えば、急に鳥のさえずりとベースのみの安堵の時間が訪れ、数秒後にはまた険しさが襲来し、押しては引いての繰り返しをする。まるで、深手の傷による激痛が意識の混濁と共に薄れ、またぶり返し苦悶するような、そんな1曲だ。本アルバムの多くの曲では、このような、インダストリアル・ビートの反復で苦痛による意識の酩酊と浮遊が体験できるが、それにジャングルやダンスホールのようなフロア的音楽要素ともうまく融合されているように思える。これが、このアルバムに見ることのできる彼らのひとつのスタイルとも言えそうだ。









A Witchcraft of Industrial Music

The band’s name Demdike is taken from the name of a witch family being put on to the famous witch trial that took place in England, 1612. I always understood that a mood of occult, so meanders within the band’s music, for this name. Most of their records are being released from Bookmat’s sub-label, Modern Love which in 2000’s was best known for “The Coldest Season” by Deepchord’s Echospace and also for some of Claro Intelecto’s releases; thus, in such sense, this label appeared to me as one with this ‘color’ of ice-cold transparency. However, since 2010’s, Andy Stott and Demdike Stare came out as to dim out this color by their music permeated with crawling bass sounds of mysticism.

This album is their fourth one followed by several releases of dance-oriented 12 inches, collectively referred to as “Testpressing” series, that may be also called as their ‘test releases’, literally suggesting that they are their experimental works. Moreover, prior to these releases, the duo under the alias of Millie & Andrea, also have released a Jungle-oriented album in 2014. I feel that such side trips that they took after their last album, “Elementary” could have given some influences on this new album, for their music here sounds relatively controlled with some kind of coordination, contrary to their earlier works that were more than enough to be called ‘avant-garde’. Yet, I find their mystical realms of wickedness still live deep within, as I feel this fear of drowning down to a vortex of a pandemonium in “FullEdge (eMpTy-40 Mix)”. While “Hardnoise” is a very explicit track which reveals the essence of their Industrial attitude that pervades throughout this album. Harsh noises along with severe beats rush to the verge of the mankind’s patience, and cease all in a sudden, followed by mild bass vibes of a comfort embracing bird’s chirping sounds. But, that torturous noise beats charge back again and then cease again repeatedly, back and forth, just like how intense pain from severe wounds ceases as one’s consciousness fades away, yet relapses occur few moments after every such fadeouts. This way, in most of the tracks in the album, their pounding Industrial beats induce pain that blurs one’s consciousness, and that are effectively merged with dance-oriented aspects of Jungle and Dancehall music. This, I would say is their one style introduced in this album.
スポンサーサイト
PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
B12 Anthology
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。