John T. Gast / Excerpts (2015)

John T. Gast / Excerpts (2015) johntgastgrapsh.jpg

Release Date: March, 2015


計り知れない深み

μ-ziq主宰のレーベルPlanet Muらしく、Henny MoanことJohn T. Gastのデビューアルバムも一言では表せないエレクトロニック・ミュージック作品となっている。このアルバム以前に彼の名が知られたのは、Hyperdubからのリリースなどで知られるDean Blunt & Inga Copeland(Hype Williamsとしてもいくつかの作品をリリースしていて、Actressなどと共に南アフリカのダンスミュージックのリミックス集「Shangaan Shake」(2012)にも、その名を連ねている)のアルバム「Black is Beautiful」において、プロデューサーの一人としてクレジットされてからだろう。本作はDean Blunt & Inga Copelandの作品に通じるエクスペリメンタルなダウンテンポな側面を確かに持ってはいるが、個人的には彼個人としての作品のキャパシティーに期待をしたいという気持ちもあった。

アルバムはまず、異教徒の黒い霧が躊躇しながら、こちらに迫って来るような不気味さで始まる。そして、2曲目の「Infection」ではアシッドとダブを道連れにした苦悩のメロディーが呪文のように反復され、アルバム中唯一ハウス的な「Congress」においても狂気に反り返るコイルの音が本作の異様さを暗示している。ダブステップのリズムですら、殉職兵士の葬儀の太鼓の音のように聞こえる「Ceremony」に続き、「Green」では古いハルモニウムが更に悲しみの繁みを演出している。ただ、「White Noise / Dys」はNew Orderの「Regret」の暗い部分だけを抜き出してホワイトノイズの息づかいを加えたような曲で親しみやすい。テクノ的な「Claim Your Limbs」では、あばら骨が歪むほど殴打される重いビートに金属の連打音が加勢するなか、意識が渦を巻きながら混濁し、続く「Sedna」に辿り着く頃には、宇宙と原子世界の狭間に追い込まれてしまう感覚になる。やがて「White Noise (Reprise)」では、混乱の旅の末、奴隷の暗闇に自分が吸い込まれて行くのを感じ、とうとう「Torch」で目を覚ますと、回転する強烈な磁場の中に閉じ込められた身体は金縛りのごとく、みじろぎもできず、外界の甘美な鳥のさえずりだけが夢の世界のように聞こえて来る。全体として、ドローンとエレクトロニクスのスープの中にメランコリィを抱きながら飲み込まれて行く旅を描いたような作品ではあるが、本当はもっと長く聴いていたい曲ばかりだった。まさに余韻を頼りにするしかない、そんなExcerpts=抜粋的な1枚となっているようだ。





   


Unfathomable Depth

John T. Gast a.k.a. Henny Moan’s debut album is somewhat an indescribable electronic music album, as it always should be for the releases that are done from μ-ziq’s label Planet Mu. Prior to this release, his name may only had appeared as a co-producer in Dean Blunt & Inga Copeland’s (a duo known for some releases from Hyperdub, and also as Hype Williams - may have seen their name in a South African dance music remix album, “Shangaan Shake” (2012) along with producers such as Actress) album, “Black is Beautiful”. His album may well conduct Dean Blunt & Inga Copeland’s experimental aspects and moods of Downtempo, but I felt there should be something more to expect from his personal work.

Black vapor of heathen waveringly looms towards you in the opener of the album. “Infection” which follows, keeps on replaying a mournful melody of a spell dragging Acid and Dub by its side, and even in the only danceable “Congress”, coils whine and recurve making sounds of insanity as if implying more aberrance to come forth. Even Dubstep rhythms of “Ceremony” flutter like military funeral drum beats, and an old harmonium thickens the shrubs of sorrow in “Green”. While “White Noise / Dvs” that respires with white noises is quite sympathetic as New Order’s “Regret”, free of all dark aspects. A Techno track, “Claim Your Limbs” bursts out rib-distorting beats as Industrial strikes and clangs boost them up, until you get muddled in a whirling consciousness, and finally find yourself captured amidst the universes of stars and atoms in “Sedna”. “White Noise (Reprise)” sounds like the end of the journey of confusion, and sinks you drowned in a darkness of slavery. Then suddenly awakened by “Torch”, you will find yourself captured in a rotating magnetic field, so strong that it paralyzes the whole of your body, but only leaves you to hear sweet birds chirping like in a dream. It is all like being swallowed into an odyssey, moving through a soup of electrified Drone, always bearing a feeling of melancholy in your heart. But, all tracks are so short, all you can get here are mere aftertastes of everything; so should the album be called as “Excerpts”.

スポンサーサイト
PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Planetary Assault Systems
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR