FC2ブログ

Palmbomen II / Palmbomen

Palmbomen II / Palmbomen palmbomengraph.jpg
Release Date: March, 2015


チープなうえに「Xファイル」的

まず、このアルバムを聴いて思い出したのが、シカゴのレーベルL.I.E.S.(Long Island Electrical System)のコンピレーションアルバム「American Noise」だ。ポストパンクのような、エクスペリメンタルな意識も持ちつつ、アナログ音楽の要素でハウスミュージックを構築しているとでも言うべきか。アルバムの全ての曲がまるで、カセットテープに録音された様々な音楽を切り刻み、繋ぎ合わせたようなプリミティブさを持ち、ホコリっぽいヒス音が楽曲を通して聴こえ、メロディもテープが緩んだときのように歪んでいる。新聞紙を切り刻んでコラージュを作るかのごとく、カセット音源をアナログシンセの接着剤を使って繋ぎ合わせて、アシッドハウスやテクノ音楽を作ろうとしているような、そんな印象のアルバムだ。

また、アルバムに収録の曲のタイトルが、あのSF連続ドラマ「Xファイル」に登場する端役の名前ばかりになっているのがおもしろい。ただし、ドラマに登場の役名だけではなく、実際、役を演じた役者名も曲名になっているのが、マニアックなところだ。調べてみると「Xファイル」全シリーズの中のシーズン3~4のエピソードに登場するキャラクター名が多くの曲のタイトルに使われているようだ。確かに、このシーズンのエピソードは異星人と人間のハイブリッドを生み出す実験や、人間が異星人化するウイルスなどが登場し、シーズン9まで続く「Xファイル」シリーズの中でも一番スリリングなシーズンとも言える。アルバムのオープニングの曲の名前になっている「Peter Tanaka」は喉から異星人の子供が飛び出るという、映画「エイリアン」まがいの参事に見舞われるキャラクターで、端役といえども印象に残りやすいキャラクターだ。「Teena Mulder」はモルダー捜査官のお母さんの名前で、アルバムの中でもアンビエントで昼寝をしているときのような安らぎを感じる曲になっている。ただ、その他の曲がどこまで題名になったキャラクターのイメージに合わせて作られたのかは不明だ。各曲の題名になっているキャラクターが「Xファイル」のどのエピソードに登場したかは下記リストで確認していただきたい。(ちなみに、各エピソードの詳細は日本語ではなかったので、エピソード一覧から、ご参照のほど→「エピソード一覧」 )そして、アルバムの曲のMVの3部作も「Xファイル」を意識しているような、してないようなおもしろさがあるので、ぜひ見ていただきたい。

▽TRACK LIST → Corresponding X-Files Episodes▽
01. Peter Tanaka → Season 2 Episode 33 “Firewalker” 「地底」
02. Cindy Savalas → Season 4 Episode 13 “Never Again” 「タトゥー」
03. Lorraine Kelleher → Season 3 Episode 21 “Avatar” 「化身」
04. Teena Mulder → Season 4 Episode 10 “Paper Hearts” 「ペーパー・ハート」
Agent Mulder’s mother appears well during season 3 and 4. シーズン3~4によく登場するモルダー捜査官の母。
05. Carina Sayles → Season 3 Episode 21 “Avatar” 「化身」
SEE → OFFICIAL VIDEO
06. Samuel Aboah → Season 4 Episode 3 “Teliko” 「メラニン」
07. Mary Louise Lefante → Season 4 Episode 4 “Unruhe” 「アンルーへ」
08. Vic Trevino as Dr. Alonso Bilac役→ Season 3 Episode 18 “Teso Doso Bichos” 「骨董」
09. Gerd Thomas as Reverend Calvin Hartley役→ Season 1 Episode 18 “Miracle Man” 「奇跡の人」 
10. Caitlin Ross as Carly McKillip役→ Season 4 Episode 10 “Paper Hearts” 「ペーパー・ハート」
11. John Lee Roche as Tom Noonan役→ Season 4 Episode 10 “Paper Hearts” 「ペーパー・ハート」
12. Jesse O’Neill → Season 2 Episode 33 “Firewalker” 「地底」
13. Rebecca Waite as O-lan Jones役→ Season 4 Episode 6 “Sanguinarium” 「整形」
14. Leo Danzinger → Season 4 Episode 16 “Unrequited” 「P.O.W.」
SEE → OFFICIAL VIDEO








Cheap, but like “X-Files”

When I first heard this album, I was reminded of a compilation album, “American Noise” that has been released from the label called L.I.E.S.(Long Island Electrical System)from Chicago. The music of the album could consist of Experimental approaches which look similar to what we find in PostPunk music, yet it builds itself towards various forms of House music by exploiting aspects of analog music. All of the tracks in the album sound pretty cheap as if cut-up ends of music taken from cassette tapes are all pasted together. You can hear dusty hissing sounds and deformed melodies are like as if hearing them on loose tapes running in cassette tapes. Just like creating a collage work by cut bits of newspapers, bits of music taken from cassettes are put together by a glue of analog synth sounds, and they end up to form Acid House or Techno music. All of the tracks in this album just sound like so.

Another interesting point about this album is that names of minor role characters who appear in the famous Sci-Fi TV series, “X-Files” are given to all of the tracks’ titles in the album. It is even maniac in the sense that the names given are not only the names of the characters appearing in the plays, but are names of the actors playing their roles in the plays. It seems that most of the titles are names of characters who appear during season 3 to 4 of “X-Files”. In these seasons, hybrids between humans and extraterrestrial beings are being experimented and virus which transform humans into aliens start to spread around. It could be said that these are the most exciting parts in the overall plot of “X-Files” which lasts until season 9. The opening track of the album is titled as “Peter Tanaka”, which is the name of the character from whose throat a larva of an alien bursts out (disastrous as in the case of the film, “Aliens”); so he is a well-remembered character, I should say. Teena Mulder is agent Mulder’s mother’s name, and the track which has her name is a peaceful Ambient track that you might want to hear before taking a nap. Yet, I am not sure whether all tracks are being created precisely as to fit the corresponding moods of the characters. In order to let you know more about the characters whose names are being used as track titles, I have added the information of episode numbers of “X-Files” beside the track titles. And the music videos created for the album are quite interesting; I would not deny that these have the same mood as the TV series footages.
スポンサーサイト



Frederick / Disruptive Pattern Material

Frederick / Disruptive Pattern Material frederickgraphZ.jpg

Release Date: March, 2014


優しい闘い

イギリス・エジンバラの新鋭プロデューサー兼DJのPeter OakdenによるFrederick名義でのデビューアルバム。あまり多くのリリースはないが、Peter Oakden名義での曲を聴くと、その多くは90年代初頭のTony HumphriesとAcid Jazzの中間を行き来するようなスムーズな雰囲気を持ちながらも、スペイシーさを散りばめたようなディープ・ハウスという感じがする。

このアルバムの1曲目でもあるイントロは題名が「An Artist’s Struggle」で、アメリカの黒人作家James Baldwinが1962年にニューヨーク・シティで行ったスピーチ(「The Artist’s Struggle for Integrity」というエッセイでもある)の音声をフィーチャーしている。煙った暗い世界で、何かが生まれて来るような感じで、彼の真っ直ぐな声が浮かび上がる。このスピーチでは、芸術家であるためには、全てのものを犠牲にする自覚が必要だということを語っている。続く「Episode of Love」も夕暮れのトランペットのような音が宇宙空間で流れるダウンテンポで、次のスペイシーな短めの曲につながる。続く「I’m Still Here」は、幕開けこそピンクレディーの「U.F.O.」のイントロみたいなキラキラ音だが、全体としては美しいピアノ音が漂うディープ・ハウスだ。途中で浮遊して来る男性ヴォーカルがBurial的なスモーキー・エッセンスを加えている。「Got No Time to Waste」は繊細なストリングスがエレガントなハウスナンバーで、続く「Be Free」はクリスタルなシロフォンが繰り広げるチルアウト系。「What Can I Be」は90年代初頭のThe Brand New Heaviesのスムーズさの部分だけを抜き出して、それをエレクトロニックなディープ・ハウスに仕上げたような良作。「The Blackness」はこのアルバムの中でも意味の深い曲のように感じる。フロア寄りのダブテクノ的な曲だが、強烈なのは偉大な黒人ジャズシンガーNina Simoneのスピーチ音声がサンプリングされていること。ここで、彼女は黒人であることの誇りを語っている。続く「Over You」は海の漣に太陽の光があたり、キラキラ輝くような美しいハウスナンバー。アウトロは物憂げなデトロイト・テクノのような感じで、フランス語のボイスサンプリングで終わり、再び闇に置き去りにされる感じになる。

James BaldwinやNina Simoneの強い黒人のイメージを引用しながらも、アルバム全体の曲は皆、柔らかく、電子音のエッセンスも各曲の中の「光」と「影」のコントラストを描いているようで、全体として引き込まれるような作品となっている。この作品を聴いて、ふと、デトロイト・テクノのオリジネイターが黒人でありながら、テクノを80年代にプレイしたときの意識に思いを巡らせてみた。そして、そのときの感覚に近いものをもし、Peter Oakdenもイギリス的な感覚で持っているのであれば、それは、ちょっとおもしろいかも知れないと思ってみたりもした…。





An Elegant Struggle

Peter Oakden a.k.a. Frederick, a DJ and producer from Edinburgh has been active since 2012, and this is his debut album. The tracks from preceding releases under his name, are cosmic Deep House tracks blessed with a smoothness such like drifting in between Tony Humphries and Acid Jazz of early 90’s.

The title of the intro of the album is “An Artist’s Struggle”, the track which features James Baldwin’s speech (New York City, 1962), which is also known as the essay, “The Artist’s Struggle for Integrity”. James Baldwin’s upright voice emerges out from murky atmosphere, as if something is starting to come out to the world. In this speech he says that, being an artist entails a total risk of ‘everything’. The following two tracks are Downbeat tracks having cosmic atmospheres, where you can hear twilight trumpets singing in one of them, “Episode of Love”. “I’m Still Here” is a Deep House track opening with twinkling sound effects, and it drifts off with beautiful melody of piano, until a Burial-like male vocal sweeps in creating a smoky ether. “Got No Time to Waste” is an elegant dance track with delicate string sections, followed by a Chill Out track, “Be Free” in which crystal xylophones ring alluringly. “What Can I Be” sounds pretty Electronic, but possesses the essence of smoothness like that found in the tracks of The Brand New Heavies in the early 90’s. I think that the essential factor of this album is included in the track, “The Blackness”. The track sounds like a danceable Dub Techno, but it features Nina Simone’s speech samples which are extractions of her words possibly related with the civil rights movement. The following track, “Over You” is a wonderful dance track which makes you see glittering wavelets of an ocean. The outro is a somber Detroit Techno fading out with a muttering French voice, the track which leaves us in the darkness again.

Although strong figures like James Baldwin and Nina Simone are being cited in the album, the album is very coherent in the sense of being delicate in its taste, and Electronic aspects found in all of the tracks do seem to create ‘light and dark’ contrast effect within each of the tracks, hence making the album absorbing. After listening to this album, I have started to think about the reason and the vibe that the originators of Detroit Techno have had when they, as being African Americans of the 80’s, have started playing Techno tracks. I wonder if Peter Oakden has the similar vibe as them, but in a British musical sense.
PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR