FC2ブログ

Bjork / Vulnicura

Bjork / Vulnicura bjorkgraph.jpg
Release Date: March, 2015


異次元に彷徨う痛み

毎度、お騒がせという印象のあるビヨークだが、このアルバムにも色々とツッコミどころがあるのでご安心のほど。そもそも、本来のアルバム発売日より2か月前に、ネットで全曲がフルでリークしたことを受けて、急きょiTunesで発売開始となった段階で、なんともはやという感じではあった。そして、このアルバムに収録されている9曲のうち6曲は10年以上もの間、パートナーだったMatthew Barneyとの別れに絡んだ恨み節的な歌を生々しく唄っているもので、これまでの彼女のアブストラクトな歌の世界とは対照的なのも特異な点だ。そして、2014年にFKA Twigsの楽曲プロデュースをし、自身のデビューアルバムも、アンダーグラウンドな音楽好きのリスナーから称賛されたArcaとインダストリアル畑のThe Haxan Cloakがアルバムに参加したことが個人的には、注目のポイントでもあった。FKA TwigsのArcaによる楽曲を聴いた段階で、彼がビヨークの楽曲に絡んだ場合、どんな感じの音になるのかは、おおよそ想像のできる範囲でもあったと思う。ただ、期待されたのは、Arca独特の異次元的空間感覚を持った音楽が、ビヨークのアブストラクトな世界観と化学反応を起こしたときの狂気に満ちた世界のはずだった。

とはいえ、ビヨークはビヨークであり、彼女に浸食したり、彼女を打ち消せるものは、この世には存在しないということが、このアルバムを聴くと歴然とする。ただ、確かにArcaが作曲に携わっている「Family」と「Notget」が個人的には、このアルバムのハイライトのようにも感じる。「Family」では、破局という局面でビヨーク本人とパートナーと子供の3人の家族の状態がどういう状態なのかについて唄っているが、楽曲そのものの構成が非常にドラマチックであり、Arca独特の歪みを帯びたアブストラクトなダイナミズムを感じさせる名曲となっている。そして、続く「Notget」は、ビヨークが破局について自分なりに気持ちの整理ができた様子をうかがわせている内容の歌詞になっていて、「後悔をすれば 心の成長を拒むことになる この痛みを取り除かないで これが癒しのチャンスなのだから」と唄っている。このなんとも痛々しい詩がArcaの不気味で‘ホモジェニック’的なオリエンタル感のある曲の中で唄われることのミスマッチという名のベストマッチ。ビヨークの大ヒット主演映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のBGMを全部Arcaの「XEN」に差し替えて見てみたら、きっとこのアルバムと同じような気持ち悪さを体感できるだろう。女性の生々しい感情が異次元へとよじれた電子空間に放り込まれたようなグロテスクさとでも言おうか…。








Pain that Wanders in Extra-Dimensions

Bjork, controversial as always, and not to worry that her latest album is also well furnished with points to pick on. In the first place, the leaking out trouble of the album that has happened on the internet two months prior to the official release date, was one of the flub ups. Moreover, the album looks quite peculiar in the sense that six out of nine tracks of it deal so plainly with her personal resentment relating to her breaking up with Matthew Barney, an over a decade partner, despite most of her past works usually had more abstract and artful expressions in contrary. Another interesting point is that Arca (known for producing FKA Twig’s songs last year and has gained much interest from underground music listeners at the time when he has released his debut album) and The Haxan Cloak from the field of Industrial music have joined in for the production of the album. At the point when I have heard Arca’s song by FKA Twigs, it was quite possible for me to imagine how it would sound like when Arca and Bjork join up. However, I presume that what has been expected more was like some bizarre music resulting from Bjork’s abstruse macrocosm reacting with the extra-dimensional atmosphere which may well be created by Arca.

Yet, if you listen to this album, you would find that Bjork could never be less than Bjork and would not be eroded or be turned down by anything. But still, I feel that Arca’s tracks such as “Family” and “Notget” are the highlights of the album. Bjork sings about the situation related with her broken family (which means the relationship between her, the ex-partner, and her daughter) in “Family”, and Arca shapes it in to a dramatic epic of crooked abstractness and dynamism. In the following track “Notget”, Bjork sings, “if I regret us / I’m denying my soul to grow / don’t remove my pain / it is my chance to heal”, as to express that she has come to a stage of accepting the sorrowful break up. The lyric sounds painful indeed, so it matches badly, but in a wicked way, with Arca’s music filled with eeriness and ‘Homogenic’ orientalism. Just imagine watching Bjork’s well known film, “Dancer in the Dark” by having its BGM being replaced by Arca’s “XEN”; you will find a similar awkwardness in this album. It sounds grotesque as if hearing a female’s raw emotion being thrown in to an electronic field which twists in to a dimension of unknown.

スポンサーサイト



Flug 8 / Trans Atlantik

Flug 8 / Trans Atlantik flug8graph3.jpg
Release Date: February, 2015


ドイツ・ポップスを愉しむ

祖父がオルガン職人で、その影響を少なからずとも受けて音楽やアートの世界に進んだと言われるDaniel Herrmannの音楽プロジェクトFlug 8。このアルバムのジャケットとタイトルを見ればクラフトワークを連想しないはずもなく、つい買ってしまった。もちろん、Daniel Herrmannはドイツ人で、このアルバムの中にもこれまでのドイツのポップミュージックの歴史絵巻を見るような曲がたくさん含まれている。

アルバムは青空を見上げながらのんびりドライブをするようなクラウトロック寄りのクラフトワーク的な曲「Zeitraffer」で幕を開ける。打って変わって、続く「Konsumprodukt」はインダストリアル・ミュージックをスチールの小箱の中で鳴らしているようなビートに掃除機が無数のナノ・マシーンを吸い込んで行くようなカオス的電子音が乱舞する曲だ。そして、アルバムのタイトル曲の「Trans Atlantik」はまさに、クラフトワークの「ヨーロッパ特急」の続編でも作りたかったのではなかろうかと思えるような曲で、そこでは70年代の高揚感というよりは、現代の憂鬱を感じさせるメロディが反復する。続く「Watch Me Grow」と後半に登場する「On a Spear」ではデンマークのMono GirlというBjorkを思わせるような唄い方をする女性ヴォーカルが参加をしていて、若干Bjork風な暗さのある、クラウトロック・ベースの曲となっている。「Musik Aus Metall」もタイトルからしてクラフトワーク的だが、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのN.U. Unruhが参加した、軽めのメタリック音が基調のテクノ・ナンバー。個人的に好きなのは「Höhenkammer」で、テックハウスのビートにプログレ風なトリップ感が融合した感じが個性的だ。「Zukunft」はメタリックなビートで若干アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのような攻撃性を感じさせるが、女性のヴォーカルが絡み、幻想的な一面も作っている不思議な曲。そして、最後の「Zeckenwalzer」は牧歌的な民族音楽の雰囲気のある曲だが、曲の途中でいきなり暴力的なヘビービートが乱入するのがおもしろい。アルバムのほとんどの曲はクラウトロックの影響を色濃く受けているが、そこに、クラフトワークのエレクトロやアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのインダストリアルのエッセンスやテクノやハウスの要素も加わり現代的な側面も見せている。ただ、あくまでドイツ的なポップス様式は崩されていないところに、彼のドイツ・ポップスへの深い愛情を感じることができる、そんなアルバムだ。








Enjoy German Pop Music

Daniel Herrmann a.k.a. Flug 8, whose grandfather had been an organ builder, may have been influenced by the grandfather in some way, for starting his carrier as an artist and a musician. Just by looking at his album’s cover art and the title, I was reminded of Kraftwerk, and have ended buying this album. It is obvious that Daniel Herrmann is a German, and I find that listening to this album is just like exploring through the history of German Pop music.

The opener track, “Zeitraffer” is like a track by Kraftwerk on the side of Krautrock, and makes you feel like driving under a clear, blue sky. In comparison to this, the following track, “Konsumprodukt” makes some beats that sound like Industrial music being confined in a small steel box, and then bits of Electronic sounds start to dance in a chaos where numerous nano-machines are being sucked by a vacuum cleaner. The self-titled track, “Trans Atlantik” is like a sequel of Kraftwerk’s “Trans Europe Express”, but the melody here does not ripple in expectation for the future as it was in the 70’s; instead, it is a depressive melody that echoes today’s life. The following track, “Watch Me Grow” and “On a Spear” (which comes later) feature a Bjork-like female singer from Danish project Mono Girl, and they both have this dark atmosphere which is like that found in some of Bjork’s songs. “Musik Aus Metall” reminds me of Kraftwerk again just from its title, and is a metallic Techno track which features Einstürzende Neubauten’s N. U. Unruh. My favorite track, “Höhenkammer” is an impressive track in which Tech-House beats are combined well with hallucinating ether of Progressive music. “Zukunft” sounds even more of a wonder, for it features fairy-like voices despite of its harsh metallic sound structure that reminds me of Einstürzende Neubauten. The closer, “Zeckenwalzer” has an idyllic folk song-like atmosphere, but is pretty stunning when heavy beats break in right in the middle of the track. It is clear that most of the tracks in the album are being deeply influenced by Krautrock, but by having some aspects of Electro music (of Kraftwerk) and Industrial music (of Enstürzende Neubauten), coming along also with essences of Techno and House music, the music of the album sounds fairly modern. However still, the basic style of German Pop music is kept consistent in this album, saying that his love for it is pretty strong.

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR