FC2ブログ

Flying Lotus / You’re Dead Instrumentals

Flying Lotus / You’re Dead Instrumentals
Release Date: December, 2014


贅沢さの証明

先に発売された、Flying Lotusのアルバム「You’re Dead!」のスペシャル・エディション・ヴァイナル・ボックスセットに収録されていた同アルバムのインストゥルメンタル盤のみを日本限定でCDとして発売した。当初、このインスト盤は、フロア・ユースということで考えれば、確かにヴァイナル盤のボーナスLPとして付いていてもおかしくない感じではあった。ただ、それをCD盤で独立した形でリリースするとは、いかにも日本らしい感じもする。

どうしても個人的に思い出すのは、Y.M.O.の「浮気なぼくら」と、そのインストゥルメンタル盤の件。こちらの場合は、どちらかというと本来のY.M.O.であれば、インストゥルメンタル盤の方のようなアルバムを出していたはずだが、ファンの期待を裏切って、ヴォーカル入りのアルバムを先に出したという経緯がある。ヴォーカル入りの方も悪くはないが、インスト盤の方が自分は好きだった。で、Flying Lotusの場合は、そもそも本来のアルバムには豪華なゲスト・アーティスト陣がそれはたくさん参加して、盛りだくさん過ぎる内容になっている。そういう意味では、インスト盤でも全く質の高いフューチャー・ジャズのアルバムとして聴けるという贅沢さがある。そして、ヴォーカルがない分、アクの強さが軽減されて、アルバムに統一感のようなものが感じられるのもよい。ただ、元アルバムと聴き比べてしまうと、やはりヴォーカルの効果の偉大さを痛感することになる。それだけに、このアルバム本来のレベルの高さを認めざるを得ないということなのかもしれない。





The Proof of Lavishness

A Japan limited edition CD of Flying Lotus’ “You’re Dead!” instrumental version, a version which has been included in the Special Edition Vinyl Box Set of the album is now being released. In respect of making it convenient for DJs, providing an instrumental version as an extra of the album is quite understandable. However, I think that it is very Japanese in the way that this instrumental version is being released separately from the original album.

In analogy, Yellow Magic Orchestra’s album, “Uwakina Bokura” and its instrumental version came up to my mind. In this case, the instrumental version was more like the proper way how Yellow Magic Orchestra should sound like, but the band had released the on-vocal version prior to the instrumental version as to fail the fan’s expectations. The original version was not bad at all, but I have always liked the instrumental version more. And in Flying Lotus’ case, the original album is very rich musically, for so many talented musicians are taking part in the album. In this sense, it could be said that even though in the case of it being without vocals, it is lavish enough sounding like a Future Jazz album of a distinctive quality. Moreover, the exclusion of vocals seems to smoothen the album as a whole – or lessens peculiar factors in the album – in effect, making the album sound more coherent than the original version. Yet, if you compare the two versions, you would find out how compelling the featured vocals are in the original album; thus, have to approve that this album is essentially very high in its musical level.
スポンサーサイト



Flying Lotus / You’re Dead!

Flying Lotus / You’re Dead!

Release Date: October, 2014


死ぬときの音

正直言って、「1983」以降、Flying Lotusの新譜を手にして聴くたびに「なんじゃこりゃ!」と思う。初期の彼の作品から馴染みのある人は、どうしても彼をビート・ミュージックのジャンルに入れておいてしまうのだろうが、少なくとも「Cosmogramma」以降は、それができなくなって来ていることは明らかだ。彼自身もあのアルバムを出したときは、自分がかなりの大作を作ったという自負があったようにも思えるし、実際、単なるビート・ミュージックとして捉えるには、あまりに濃厚な作品となっていた。当時(2011年)のグラミー賞の発表のときに、自分の作品がノミネートされずに、ダンス・エレクトロニカ部門でLa Rouxが受賞したとき、彼がブーブー言っていたのを思い出した。それくらい、あのアルバムの音楽的価値を自身で認識していたということだと思う。とはいえ、そんな「Cosmogramma」でさえも、今聴いてみれば、それまでよりも飛躍的にジャズ的というか、エクスペリメンタルな完成度を極めたにも関わらず、やっぱり、ビート・ミュージック的なトレンド感は残していたように思う。それは、今回のこの作品を聴くと歴然とする。このアルバムを何かのジャンルやスタイルに形容することは難しく、強いて言えば、たくさんジャズ界の有名な演奏家が参加していて、その人たちの英知と技が現在の電子技術を最大限活用する形で生かされているという…そんな作品に感じる。

個人的には、どうしでもFlying LotusとSquarepusherはジャズという共通項で、2000年代の音楽の突破口を開こうとしているように感じる。ジャズと言っても単に、二人のバックグラウンドがそこにあるというだけでなく、電子音楽の世界に身を置きながら、常にジャズ的な「生身の人間が生み出す音楽」を意識しているのだろうと思う。テクノやビート・ミュージックをやりながらも、演奏者の力量や才能で左右される音楽性に真理を感じているとでも言おうか…。そのようなことから、彼らの音楽を聴くと、どうしてもコンピュータと人間のチェス対決や、将棋・囲碁対決を連想する。ことは音楽なので、勝ち負けの問題ではないだろうが、少なくとも、今回のFlying Lotusのアルバムを聴く限り、彼はその勝ち負けには全く興味がなく、人間とコンピュータが極限まで戦い抜いた果ての共存もしくは共倒れを目指しているように感じる。方やSquarepusherは「Music for Robots」において、コンピュータVS人間の戦場に担ぎ出されてしまった状況だったのかも知れないが…。

因みに、このアルバムのアートワークは日本のエログロ作家、駕籠真太郎によるもの。特にアルバムのジャケアートは横尾忠則の霊的な世界に近い雰囲気を持っている。ここまでビジュアルワークが衝撃的なものにされたのも、やはり、Flying Lotusが何かぶっ飛んだ感じのアルバムを作りたかったのだろうということを物語っている。タイトルの「You’re Dead!」の由来について、彼は「死の瞬間の音がどういうものなのか」を意識して付けたというようなことを言っている。彼は結構、日本の漫画が好きなので、きっと、漫画「北斗の拳」の「おまえは、既に死んでいる!」のセリフから肉体が吹っ飛ぶ場面(音)を想定してアルバム名をこのようにしたのではないかと、自分は勝手に想像している。


 


The Sound Made When Dying

Ever since the release of the album “1983”, I have always said, “What on earth is this?” for every new record releases by Flying Lotus. Many of those who are familiar with his early Warp records may well talk about him as one of those Beat Music artists, but many should admit that such categorization is not appropriate after the release of “Cosomogramma” (2010). The album is musically far richer than any Beat Music, and I imagine that Flying Lotus himself too was confident enough to say that it is his masterpiece. No wonder, he was fussing about La Roux winning a Grammy for Dance/Electronica section in the year of 2011. However, if I listen to “Cosomogramma” now comparing with his latest album “You’re Dead!”, I can find some aspects of Beat Music still left in it, although it is thoroughly Jazz oriented and Experimental as a whole. And now, it is more difficult to categorize and explain about the album, “You’re Dead!”; the best that I could say about it is that, it features a lot of famous Jazz musicians and its electronics make the best use of such musicians’ performances of high techniques and wisdoms.

Talking about Jazz and Electronic Music, I always think of Flying Lotus and Squarepusher, both having in common a Jazz aspect, are trying to make some kind of a break through from Electronic Music field of the 2000’s. It is not only their background that makes them common for being Jazz oriented; it is more of their perspective in seeking more for human’s musical performance techniques that makes them so. It is so to speak, that they both find their truth in the music which depends on musicians’ performance ability, although they themselves are producers using computerized instruments. In this sense, I always find some kind of Human vs Computer situation in their music and recall chess matches of that sort held quite often in Europe. Well, it is about music, winning or losing would not matter much, and at least in the case of Flying Lotus’ “You’re Dead!”, I think that he is not interested in the match itself either, but is rather seeking for a coexistence or a mutual destruction of human and computer, after such battle done till their limits. On the other hand, I think that Squarepusher was more like being put to be involved in the battle between Human and Computer, when he has released “Music for Robots”.

Lastly, not to forget about the art works of the album; they are the works of eroticism and grotesqueness by Shintaro Kago, a Japanese Manga artist. The cover art of the album is particularly interesting for it reminds me of art works of Tadanori Yokoo, who is known well for creations influenced by mysticism and psychedelia. The visual expressions are all so gut-wrenching and that tells how much Flying Lotus has wanted to blow our heads away. It is explained that he has given the title as “You’re Dead!” so to question the listeners as, “What would it sound like when you die?” And now I remember that he is quite fond of Japanese Manga’s, and the part said by the starring of the Manga called, “Fist of the North Star”: “You are already dead!” just came up to my mind. After saying this line, the starring blows off enemies’ heads in pieces. So, did Flying Lotus make this album to sound this way?

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR