FC2ブログ

Quadra a.k.a. Hiroshi Watanabe /Complete Selection 95-07

Released: June, 2016



↑アルバム未収録のQuadra名義曲 Track not included in this album


日本からデトロイトへ

日本では古くは1997年くらいにコナミが展開したアーケード系の音楽ゲーム「beatmania」(DJの真似事をするようなゲーム)に楽曲提供をしていたことでも知られるQuadraことHiroshi Watanabe。90年代の日本の多くの電子音楽系のアーティストはテレビゲームの音楽制作を足掛かりにしてキャリアをスタートさせるケースが多いが、彼はそれ以前からクラブミュージック界での活動があり、「beatmania」はそこからのテレビゲームへのアプローチ探究のようなものであったとも言えそうだ。Quadra名義での彼は、日本のテクノレーベルFrogmanからアルバムを出すまでになり、その後2000年を迎えて以降はKaitoとして、あのKompaktからデビューを果たす。Kaitoとしての認知度はもはや言うまでもなく、Kompaktのコンピレーションシリーズでも常連の顔となっている。ただ、更に彼の名を世界に知らしめることになったのが、あのデトロイト・テクノの父であるDerrick MayのTransmatより日本人として初めてのアルバムのリリースが実現してからだ。それは単に彼のネームバリューを高めたということだけではなく、QuadraからKAITO、そしてHiroshi Watanabeの音楽の中に一貫して流れる美しい旋律の光の糸が現在進行形のデトロイト・テクノの体系にスポッとはまったという意味においても価値があると思う。

本作はそんな彼の初期の作品を集めた2枚組アルバムで、1枚は97年にFrogmanからリリースされたQuadraのアルバム「Sketch from a Moment」で、比較的ハードなテックハウスなビートの曲が多いが、彼らしい麗美なメロディーが全体を流れ続ける。2枚目は95年のいかにも「beatmania」っぽい楽曲からKaitoのディープなテックハウスに通じるような楽曲までが収録されている。こうやって通して聴いてみると、どの曲を取っても結局、彼がTransmatの宇宙に辿り着くべくして辿り着いたということを改めて感じる。Hiroshi Watanabeの「Multiverse」が気に入った人にはオススメする。






Japan --> Detroit

In Japan, Quadra a.k.a. Hiroshi Watanabe may well be known for providing music for “beatmania” (a play-like-DJs game for arcades that may be known as “HipHopMania” in the U.S. and “beatstage” in other countries outside Japan) back in 1997. It is quite common in Japan to find electronic music producers who have started their carrier by creating music for video games mainly in the 90’s, but he has been active already in club music scene before then, and it may be said that it has been rather like a quest for him to work on video game music. As Quadra, he then later manages to release an album from a Japanese Techno label, Frogman, and by 2000, he succeeds in releasing a debut EP from Kompakt under an alias, Kaito. Kaito should be more familiar to many people, for this name frequently appears in Kompakt’s compilation albums. However, what made his name spread out internationally was for his album being released from Transmat (the label run by Detroit Techno’s father, Derrick May); and also for him being the first and the only Japanese artist who has been allowed to do this. This fact is not a big deal only for making him popular, but is meaningful in the sense that it explains how shiny strings of euphony that flows consistently throughout the music of Quadra leading to Kaito and Hiroshi Watanabe, fit comfortably into today’s Detroit Techno’s edifice.

This 2CDs album consists of Quadra’s early works. Disc 1 features his first album, “Sketch from a Moment” (released from Frogman in 1997), mostly filled with rather a hard Tech-House style tracks being stringed through, from the beginning to the end, by his characteristic elegant melody lines. Disc 2 starts with a track that has been released in 1995, and sure should it sound like one of those “beatmania” music, then leading to some deep and Kaito-ish Techno tracks by the end of the track list. By listening to all of these, I should admit that every single track proves well that he has been made for and also deserves reaching to the macrocosm of Transmat. If you find Hiroshi Watanabe’s “Multiverse” right for you, you should like this album too.


スポンサーサイト



Delta Funktionen / Wasteland

Delta Funktionen / Wasteland deltafunktionengraph.jpg
Release Date: November, 2015


暗黒星雲の深層へ

2010年を目前にしていた頃、Delta FunktionenやRedshapeのような、IDMやデトロイト・テクノのエレガンスを細かく砕き、空虚な宇宙空間に静かに放流させたようなミニマルなダッチ・テクノがとても好きだった。最近では、ConforceやJohn Beltranのリリースでも知られるオランダのテクノ・レーベルDelsinのサブレーベルとして、ディープなテクノ作品をリリースして来たAnn AimeeからDelta FunktionenはファーストEPをリリースしている。DeltaことBoris Tellegenによるテクノ・アートのジャケットがこのレーベルのテイストをうまく表現していて、Delta Funktionenの音は、そのイメージにもよくマッチしていた。ただ、2012年にDelsinからリリースされた彼のミックスアルバムとファーストアルバムはどこかモダンなテクノの印象が強く、本来のDelta Funktionenが持つ不穏な無機質感が薄らいだようにも感じていた。そして、2014年には自身のレーベルRadio Matrixを設立。そこからEPの連作をリリースし、本アルバムはそれらを集めた1枚となっている。

アルバムのタイトルともなっている「Wasteland」とは、アンドロメダ銀河の奥深くに存在する謎の惑星だと説明されていて、その同名タイトルの曲にもDrexciyaやJeff MillsのようなオールドスクールなSF仕立ての雰囲気が漂っている。それは、サム・ロックウェル主演の映画「月に囚われた男」を連想させるzrizolinaによるミュージック・ビデオを見ても感じとれる。アルバム3曲目の「Tab」は、Delta Funktionen流のむくんだベースと攻撃的なビートに乗せて、全体としては90年代前半のUnderground Resistanceのリリースなどで知られるSubmergeレーベルのデトロイト・テクノを聴いているかのような懐かしさだ。「Black Endlessness」では流星が飛び交うなか、憂鬱なクラフトワーク的なメロディがデトロイト・テクノの暗闇の中で反復され、「Pusher」は、暗黒星雲の中でアーケードゲームを黙々とプレイしているようなエレクトロ・サウンドだ。更にUnderground Resistanceを思わせる曲でありながら、謎の異星体オーラが漂っている「Bunker」や、ミュージック・ビデオからして古代文明と宇宙の謎めいた繋がりを示唆するようなエキゾチックな雰囲気を持たせている「Mutant Society」が続く。自分の一番のお気に入りは「Lost in the Dream」で、宇宙のオーロラが揺らめくIDMの中でLFOが蘇るようなブリープ感がたまらない。このアルバムを聴いてみて、やっと自分が聴きたかったDelta Funktionenが戻って来たように感じた。








To the Depth ov a Dark Nebula

Just before entering the 2010’s, I was very much in to the minimalistic feel of Dutch Techno, such characterized by Delta Funktionen and Redshape, the music which sounds like elegant clusters of IDM and Detroit Techno being dispersed silently to the void of the space. Delta Funktionen’s debut EP has been released from Ann Aimee, a sublabel of a Dutch Techno label, Delsin known for releasing records for Conforce and John Beltran recently. Delta a.k.a. Boris Tellegen expresses well the taste of this label by working on most of its records’ artworks, and Delta Funktionen’s music seemed to match well with that. Yet, his compilation album and the debut album that were released in 2012 from Delsin sounded somewhere closer to a modern style Techno, and seemed to lack in being ominous and inorganic as how Delta Funktionen should sound like. Then in 2014, he established his own label, Radio Matrix, and released series of EP’s that are then compiled for this new album.

The album is titled as “Wasteland” which is explained to be a mysterious planet that exists deep in the Andromeda Galaxy. The opener track with this same title, has this old school Sci-Fi atmosphere that reminds me of Drexciya and Jeff Mills. This taste is well expressed in its video created by zrizolina; this even makes me feel like watching some parts taken from Sam Rockwell’s film, “MOON”. In “Tab”, bloated bass lines and offensive beats of Delta Funktionen’s style carry on their shoulders, lines of Detroit Techno that remind me of some tracks from Submerge label, known for many releases of Underground Resistance in the early 90’s. While satellites fly about, depressive Kraftwerk-like melodies repeat whining in the dark depth of Detroit Techno in the following track, “Black Endelessness”. “Pusher” is more of an Electro track which makes you hear arcade games being played in a dark nebula. “Bunker”, again is like one of those Underground Resistance’s tracks, but some aura of unknown extraterrestrial beings dwell in it. Even more exotic is the following track, “Mutant Society”, which music video suggests mysterious links between the universe and ancient human civilizations. My favorite track is “Lost in the Dream”, in which IDM waver like space aurora and bleeping LFO revive from within. I now finally could say that this is what I really wanted to hear from Delta Funktionen.

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR