FC2ブログ

French Fries / Kepler

French Fries / Kepler

次世代Jeff Mills?

このアルバムは、ケプラー62eという惑星に思いをはせて、作られたとのことで、なかなかJeff Millsばりのスペイシー・テクノな世界観を持つ。アルバムを聴くと、なるほど、デトロイト・テクノやアナログシンセ音がとにかく好きそうなのがよくわかる。それくらい、そういう音をふんだんに使っていながらも、イマドキのベースミュージック的なアブストラクトな片鱗も見せている。個人的には90年代前半のSweet Exorcistばりのブリープな音が多用されていたり、Juan AtkinsのInfinitiのようなエレクトロ・ヴォイスがあったりするのが嬉しい。

ただ、たまにメロディ的に中華のようなオリエンタルな面も出て来て、「Explore」という曲は、彼がYMOの「Perspective」とかを聴いて作ったかのような雰囲気。デトロイト・テクノをリスペクトするタイプのニューカマーは、ベースミュージックの分野でも多いと思うが、この人の東洋的エレクトロ感は、ちょっとおもしろい。




Future Jeff Mills de Generation?

It is said that this album is based on the idea of expressing the world of a planet called Kepler 62e. As you may imagine, the album sounds similar to Jeff Mills’ recent albums which seriously features extraterrestrial world. By listening to the album it becomes quite clear that French Fries has had a good influence from Detroit Techno and loves sounds of analogue synthesizers. In most of the tracks, I hear so much of such techno sounds popping out, while at the same time, tints of abstractness emerges from the back bone of Bass Music. I also find bleeps of Sweet Exorcist and electronic voices resembling that of Infiniti (Juan Atkins), and those are my favorite parts in the album.

However, there is one interesting point in this album. Some melodic tracks sound slightly like Chinese music and reminds me of Japanese electro group, Yellow Magic Orchestra (they played oriental notes that necessarily did not sound like Japanese, but rather like Chinese or Southeast Asian music). I find many new artists creating their music by mixing Detroit Techno aspect into Bass Music, but I feel French Fries’ oriental flavored electro aspect is quite unique.
スポンサーサイト



Kangding Ray / Solens Arc

solens150.jpg

光と闇のアンビエンス

どうしても、raster-notonからのリリースということで、グリッチな感じを期待してしまうが、前作の「OR」からして、少し違う感じのするアーティストでもある。前作はやんわりと女性や男性ヴォーカルを入れていたり、サイケなギターが遠くでうねっていたりで、どちらかといえば、ダーク・アンビエントな雰囲気を醸し出していた。とはいえ、機械音が細かく多用されていたりするアブストラクト感は、raster-noton的なポイントは抑えていたのかも知れないが…、結構、妙にバラエティに富んだ、非ミニマルな感じだった。

ただ、今作は、あれから3年のときを経て、すっかりインダストリアルなハードさを一貫して持つ内容になっている。イマドキ的と言えば、イマドキ的なダークさと重さでもあるが、ちょっと他のそれ的なアーティストと違うのは、曲の中に妙にキラキラした音が差し込むところ。かなりゴツイ重機が漆黒の粉じんを巻き上げながら、劣化したビルの破壊をしている中に、一筋の日光が差し込むようなキラキラ感。その光の筋を小さな蝶が舞うような音も聞こえる。こんな雰囲気で、どうしても思い出すのが、マイケル・ジャクソン「This Is It」の中に出て来る「Earth Song」のPV。それでは、アマゾンとかの密林に森林伐採の重機が入って来て、森を燃やしたりしながら破壊するのだが、自然を愛する少女が小さな木の芽を守り、細い光が差し込んで来る。こんな感じで、陰鬱なハードさで攻めながら、どこか気持ちを昇華させてくれるようなフェーズを差し込んでいるようなアルバムだ。それを象徴するような曲として、「L’envol」という名の曲がある。フランス語で「飛翔」的な意味の言葉だが、全体としてインダストリアルだのダーク・アンビエントだのと評されるアルバムに、こんな題名の曲があるというのが、なんとも言えないアンビエンスだ。




Dark vs Light Ambience

When you find it’s another raster-noton artist, you may expect for some glitchy sound again, but Kanding Ray is not strictly a glitch artist in the first place. At least that is my understanding, even as far as I recall the feeling I had after listening to his last album, “OR”. The album “OR” does not sound much glitchy, and not even so minimal. It has some variety of sound aspects: women and men vocals, psychedelic guitar sound wrapped up in dust of mechanical sounds. Such abstract mechanical sounds could be called glitchy sounds, but I would prefer expressing the album more on the way nearer to the side of dark ambient.

After three years from then, “Solens Arc” is now been released, and this sounds very much industrial. It is true that many electronic music artists tend to create industrial oriented tracks now a days, so Kanding Ray could be the another one of them too. Yes, most of the tracks in the album sound like heavy machineries destroying block buildings. You can hear coal dusts swirling around. However, within such dark and hard rumble, one little string of light runs through its atmosphere. It is even as if you can hear butterflies flying through that thread of light. The track “L’envol” is so significant in this style, it pours out well, this feeling of temporary sublimation. As a whole, I really like this dark vs light contrast approach in this album, and think it has unique sense of ambience.
PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR