FC2ブログ

Black Rain / Dark Pool

Black Rain / Dark Pool
Release Date: August,2014


電脳インダストリアル

アルバム冒頭から、サイバーパンク的な言葉が電子の雨のように降って来る。このアルバムを聴くと、自分がそれこそ、映画「ブレードランナー」に出て来るようなサーバーパンクな街の上空を漂っているような気分になる。排気ガスで黒く濁った下界は常に重い機械の音が鳴り響いている。2曲目の女性ヴォーカルをフィーチャーした「Profusion」では、電子の雨が針のように降るなか、ビヨークのような吟遊詩人が宙を舞っている。5曲目の「Burst」は巨大モーターが重いうねりを上げ、電脳空間をかき乱していて、6曲目の「Xibalba Road Metamorph」はシューゲーというかThe Jesus & Mary Chainのような凶悪なギター音に重いプロペラの切り裂き音と重機のビートがたたみかける。出だしの印象だけだと、このアルバムはサイバーパンクなアルバムのように自分は感じるが、全体としては、今風に言ってしまえば、ダーク・アンビエント+インダストリアルということになるのだろうか?インダストリアルな強暴性がありながらも、巧みで繊細な電子音の介在があるあたりが、90年代のサイバー感を出している。

Black RainはIke Yardでも知られている、Stuart ArgabrightとShin Shiokawaによるバンドで、個人的にはキアヌ・リーヴスとビートたけしが出演した、自分も大好きなロバート・ロンゴ(ニューオーダーの「Bizarre Love Triangle」のミュージッククリップの監督でもある)の監督によるSF映画「JM」(1995年公開)のサントラに参加したバンドとしての印象が強い。この映画は、当時、サイバーパンクの旗手とも言われた、ウィリアム・ギブソンの同名小説が原案になっている。そういう経歴から考えても、Black RainはStuart Argabrightのインダストリアルの魂は持っていても、より電子寄りなユニットという位置づけにあると感じてしまう。ベースはあくまでインダストリアルでありながら、チリチリとした細かい電子音が降り注いだり、電脳的な浮遊感が常にどこかにある音だと思う。

しかし、Stuart Argabrightのここ最近の復活ぶりには驚かされるものがある。Factory時代のIke Yardのアルバムのリミックス盤が、この前、出たかと思ったら、まさかのBlack Rain復活。とはいえ、「ブレードランナー」の時代設定は2019年で、今から5年後の世界となる。さて、Black Rainの世界は新しいのか古いのか、Burialあたりの意見を聞きたいものだ。





Cyber-Industrial

From the opening of the album, cyberpunk quotes fall like the rain of electronics. Recall the sci-fi world of the film, “Blade Runner”; it is as if floating above the cities in the film when you listen to this album. The skies are polluted black and heavy machineries are roaring on the ground. The following track features Bjork-like minstrel singing in needles of electronic rain. In the track “Burst”, I hear a gigantic motor rolling heavily in the cyber space. Vicious shoegaze guitar sounds like that of The Jesus & Mary Chain cut through heavy moans of machineries and propellers, in “Xibalba Road Metamorph”. How this album starts is like a soundtrack of some cyberpunk world, but putting it into a more familiar term of today, it could be called as a Dark Ambient + Industrial album as a whole. The Industrial brutality interfering with presto delicacy of electronics do make me aware of the 90’s cyberpunk air.

The members of Black Rain are Stuart Argabright (a.k.a. Ike Yard) and Shin Shiokawa, and my particular memory about them is that they have provided a track to the soundtrack of a Keanu Reeves’ (Takeshi Kitano appears to be a co-starring) sci-fi film called “Johnny Mnemonic” (1995) directed by Robert Longo (one of my favorite artist who also have directed the music clip of “Bizarre Love Triangle” of New Order). The film is based on the plot of the literature of the same name written by William Gibson –a cyberpunk figure of that time. Due to this background alone, I tend to imagine that Black Rain is a band more on the side of Electronic music, although Stuart Argabright is well known as an Industrial artist. It is true that the band’s music is basically Industrial, but it is the music which makes you feel fizzing electronic sounds falling like rain on your face and gives you a buoyant sensation of a cyberbrain world.

By the way, it is quite surprising that Stuart Argabright is back again. It was quite a news when the remix album of Ike Yard’s tracks of Factory years has been released recently, and now, we have Black Rain’s new album here. But, remember that the story of “Blade Runner” is set in 2019, which is five years from now. Does Black Rain’s music here sound new to you?...or old to you? I wonder how Burial would answer to this question.
スポンサーサイト



Moiré / Shelter

Moiré / Shelter
Release Date: August, 2014

フロアか?宇宙か?

あのActressのWerkdiscsからこのアルバムをリリースしたMoiréは、確かにActress周辺の雰囲気を持つアーティストだが、このアルバムを聴くと、少なくとも、Actress並みのダブステを解体したようなエッセンスはあっても、実はActressほどアブストラクトな感じはなく、むしろ、フロア寄りのまとめ方の楽曲を多く作っている印象を受ける。ただ、このアルバムで、それ以外にも個人的に気に入ったのは、このアルバムならではの曲の構成の仕方である。

このアルバムは、まず古めの機械を使った工場で、重く、ゆっくり響く低音が独特の暗さを表現している「Attitude」で幕を開ける。そして、個人的に大好きな2曲目の「Dali House」は小気味よいビートのわりにはBonesの擦れたヴォーカルも含め、全体が歪んだ音色になっていて、ポップでありながらシュールな感じを出しているように思う。そして、二日酔いで不快なのに、爽やかで冷たい冬の朝の光が差す感覚の「Elite」の流れから、Actressを聴きながらピアノ・ハウスで踊っているような「Hand On」に繋がり、ディープハウスの香りがプンプンするも、居心地の悪い金属的な重さがある「Infinity Shadow」にたどり着く。ここまでは、予想に反する感じの音ではないのだが、これ以降が曲のタイトルからしても、別のフェーズに入ったかのように、スペイシーだったりするのが、実はおもしろい。

「No Gravity」は未知なる暗黒宇宙空間を表現しているようなベース音とホワイトホールの霊的な歌声のコントラストの中に渦巻く銀河系ハウス。「Stars」では、真空の中で小さな光の胞子がポッポッと現れたと思ったら、不気味な暗黒星雲を切り裂くような女性ヴォーカルが響く。続いて、アシッド・ベースの音がどこかの惑星の水銀の沼に溺れて助けを呼ぶ者を傍観している気分にさせる「Rings」。最後は、せせらぎのような流麗なシンセ音の中で、短調な作業が続く宇宙工場のような音を響かせる「Mr. Figure」。

こうやって見てみると、このアルバムを、もし昔のLPの感覚でとらえたのなら、きっと、前半とスペイシーな後半はA面とB面に分かれているような感じになるのではないかと、つい思ってしまう(ただし、こちらのアルバム、実際出ているLPは4枚組になっているが…)。そうなると、昔の人間としては、このアルバムの前半を聴いた後にLPをA面からB面にひっくり返す感覚で後半を聴くと、ちょっと楽しさが増すような感じがするのである。





In the Club? Or to the Space?

Moiré releasing an album from Actress’ label, Werkdiscs, may well resemble with Actress in the sense that his music is having an aspect of Dubstep’s dismantlement, but I feel he is more aware of club music in this album, while Actress sounds more Abstract in general. However, what makes me more interested about this album is something which is characterized by its composition of the playlist..

“Attitude”, the opening track of the album runs the old factory with dull bass sounds of darkness. Then the favorite track of mine, “Dali House” with brisk beats followed up by disfiguring synth lines and Bones’ vocal, brings up a Pop aspect of Surrealism to my mind. “Elite” makes your hung over head irritated as if seeing a cold sun beam in the winter morning. “Hand On” is something like dancing to a piano-house music while listening to Actress’s “Hazyville” in your headphones at the same time. Then again, you feel annoying sounds of heavy ore in the Deep House track, “Infinity Shadow” followed by. Up till here are the tracks of such as I have expected, but the following tracks shift off to the phase of a galactic expedition.

In “No Gravity”, the bassline of a dark outerspace’s mystery and the supernatural voices from white holes interact in the whirling galactic house tune. I hear spores of lights popping in the vacuum environment, often being disrupted by female vocals cutting through dark nebulas of “Stars”. The Acid bassline of “Rings” lets you see the spectacle of someone drowning in a planetary swamp of quicksilver. In “Mr. Figure”, I hear the elaborate flow of synth sound, but find myself back again to another space factory operating its dull machineries.

It becomes quite clear that a certain phase change takes place in the album, right in the middle of its playlist. I do not know the actual reason for this, but it somehow makes sense to me, if I recall the manner of how we had listened to albums –in a LP record format with A-side and B-side splits - in old days. The actual LP version of this album consists of four Vinyls, but if this album would be pressed as a two sided LP, I will be quite thrilled to listen to it by flipping its A-side to the B-side and experience a practical phase change effect of the album.

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR