FC2ブログ

My Favorites of the Year 2014 / 2014年のお好みセレクション

1月 / January
Actress / Ghettoville
「Hazyville」をGrime寄りにして、土着感やスプーキーさの印象が強いアルバム。
A bit Grime oriented version of “Hazyville”, with indigenous and spooky atmosphere.




2月/ February
Patten / Estoile Naiant
Massive Attackのようなスモーキーさにサイケデリックな色彩とアヴァンギャルドな装いを加えたアルバム。
Smoky as Massive Attack, and garbing Avant Garde of psychedelic color.



Perc / The Power and the Glory
21世紀の電子ブラックボックスから飛び出したインダストリアルミュージック。詳細はこちら
The Industrial music bursting out from the Electronic black box of the 21st century. See more HERE.




3月 / March
Scanner / Electronic Garden
映画「エリジウム」のような、レトロのような近未来のような、せめぎ合いのメランコリック・グリッチ。
As in the film, “Elisium”, the old school and the new school Sci-Fi clashing with each other making Glitch music melancholic.




4月 / April
Fluxion / Broadwalk Tales
Stingがダブテクノをプロデュースしたようなメランコリーとジャズが感じられる。
As if being produced by Sting, I feel melancholy and Jazz in this DubTechno.




5月 / May
Remixed / Ike Yard
もはやポストパンク・クラシックスのIke Yardの作品が現代のノイズ及びインダストリアルの解釈として蘇る。
Ike Yard’s post-punk classics’ resurrect in forms of updated Noise and Industrial interpretations.




6月 / June
Diamond Version / CI
Raster-noton的インダストリアル。詳細はこちら
Raster-noton’s Industrial approach. See more HERE.




7月 / July
僉 The Bootists
民族音楽と鉱物ビート&ベースの融合とも言えるGorge音楽が地震国日本で噴火。
An explosion of Gorge music (which is said to be a fusion of Ethnic/Tribal music and craggy beats and bass) taking place in Japan.




Plastikman / EX
11年ぶりのアルバムは唯一無二のテクノが濃縮された極上の1枚。
The 11 years awaited album is the primal album of the concentrated Techno of uniqueness.




8月 / August
Pattern Repeat / Pattern Repeat
ダブテクノを知り尽くしているからこそ、できる冒険があることを証明している1枚。詳細はこちら
It proves that such adventures are possible for those having DubTechno at their fingertips. See more HERE.




9月/ September
Aphex Twin / Syro
何もなかったかのように、戻って来た彼は、13年間生きながらえた魔法の花束を持って来た。
When he came back as if nothing has happened, he brought in his hands the magical flowers which have lived for 13 years.




10月 / October
2562 / The New Today
ダブステとテクノの架け橋が、未開の地の土着音楽へと延びる。詳細はこちら
The bridge connecting Dubstep and Techno, now stretches to the primitive world of indigenous music. See more HERE.




Arca / Xen
異次元の世界の悲鳴が実は産声だと知る1枚。詳細はこちら
The scream of the unknown dimension should be the birth cry. See more HERE.




11月 / November
Vladislav Delay / Visa
ノイジーでグリッチなエアポート・ミュージック。詳細はこちら
An airport music for Noise and Glitch. See more HERE.




12月 / December
Flying Lotus / You’re Dead! (Instrumentals)
電子ニューロンの間を突き抜けるフューチャー・ジャズ。詳細はこちら
A Future Jazz buzzing out through electronic neurons. See more HERE.

スポンサーサイト



Optimo Presents IN ORDER TO EDIT (2009)

Optimo Presents IN ORDER TO EDIT (2009) iotegraph.jpg
Release Date: July, 2009


R&S愛

80年代後半から90年代中盤までのR&Sを愛をもって表現しているミックスCDを簡単に紹介する。オープニングからして、いきなり1988年のニュービートで始まり、大半が90年代のR&Sの顔となったアーティストやその別名義プロジェクトによる楽曲で埋め尽くされている。R&Sの設立者である、Renaat VandepapeliereによるSpectrumとMantraxの曲、Joey Beltramの本人名義以外のDirect名義での曲、C.J. BollandのSonic Solution名義での曲もある。個人的に嬉しいのは、やはりLFOのMark BellによるSpeed Jackの曲がミックスの真ん中で、独特のアトモスフェリック感を作っていることだ。また、Jam & Spoonの92年の曲で、「ツインピークス」の「ローラ・パーマーのテーマ」の音をサンプリングしている「My First Fantastic F.F.」がセレクトされているのも時代感があって良い。そして、それまで、ニュービートやアシッドな感じで押して来たのに、終盤になってμ-ziqからAphex Twinの「Analogue Bubblebath」につながり、Mundo Muziqueの「Andromeda」まで引っ張って、インテリジェントな雰囲気を作ってからJaydeeの名曲「Plastic Dreams」で終わるセンスの良さが好きだ。1時間あまりで、90年代のベルギー・テクノを愉しむための1枚としておススメしたい。





Love for R&S

Let me mention in short about a mix CD which well expresses a love for R&S Recordings during the end of the 80’s to mid 90’s. The mix starts with a New Beat track of 1988, then followed mostly by tracks of eminent artists and their aliases of R&S in the 90’s. Such are tracks by Spectrum and Mantrax (both are projects of Renaat Vandepapeliere, a co-founder of the label), by Joey Beltram and his alias, Direct, and by C.J. Bolland and his alias, Sonic Solution. My favorite part is where the track by Speed Jack (another project by Mark Bell of LFO) creates a unique ethereal atmosphere right in the middle of the mix’s timeline. It is also good to find Twin Peak’s “Laura Palmer’s Theme” in Jam & Spoon’s “My First Fantastic F.F.”, which again reminds me about those old days. Yet at the end of the mix, New Beat and Acid tracks resume into IDM oriented tracks byμ-ziq, followed by Aphex Twin’s “Analogue Bubblebath” and Mundo Muzique’s “Andromeda”. It is very elegant how it then leads to the closer track, Jaydee’s “Plastic Dreams”, a club anthem. This single hour mix is quite handy to learn about Belgian Techno of the 90’s.


PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR