FC2ブログ

FIS / THE BLUE QUICKSAND IS GOING NOW

FIS / THE BLUE QUICKSAND IS GOING NOW fisgraph.jpg
Release Date: June, 2015


砂に埋もれた崩壊の精霊

2013年くらいから、Tri Angleレーベル(最近では、Bjorkのアルバムのミックスを手掛けて有名になったThe Haxan CloakやVesselと言った面々の、ダーク・アンビエント、インダストリアル、そしてベースミュージックを横断するような作品をリリースしている)より発表した作品が注目となりだしたニュージーランドの新人Fisのデビューアルバムが登場。アルバムの表面のジャケアートは確かに、アルバムタイトルにある流砂を思わす抽象的なグラフィックになっているが、裏面を見ると、あの「火星の人面岩」のような影が見えて来る。このアートワーク、実は、エクスペリメンタル・バンドとしても有名なGang Gang DanceのBrian Degrawによるもので、そのことだけでも、このアルバムの難解さを示唆しているようにも思え、聴くのが楽しみでもあった。

アルバムのタイトル曲でもある、1曲目は、まさに流砂を思わせるように、ゆっくりと回転しながら街の建物や様々な機械が粉々にされながら砂に呑み込まれて行く様を描いたような曲だ。そして、続く「Ak」では、ベースミュージックの骨組みが硫酸で溶かされ、ビルのコンクリートが崩れ落ちる混乱に、光る霊魂がリボンのようにスルスルと空に昇るような鋭いシンセ・フレーズが差し込む。「Social」は壊れた蛍光灯がジリジリと音を立てるなか、水槽の中に沈められた古代ローマ都市で、重労働をさせられる奴隷の悲哀のメロディが流れ、「Happy Alone」では、屍の精霊が竹林に放棄され、朽ちた工場で働いている様子がうかがえ、次第に無数の竹が助けを求めて震えながら、メロディを奏で出す。続く2曲も「崩壊」を意識させる曲となっていて、「Pedal」は、無数の幽霊がピアノのペダルで遊び、しまいには、そのピアノが積分崩壊して行くような曲で、「Frost Pocket」は、聖者の祈りの歌が、教会もろともシュレッダーにかけられるような曲だが、その祈りの響きは永遠に消えず、光と化して天へと昇って行くかのようだ。そして、最後の「Kal」では、半ばプログレのようにベースと金属の破片を巻き込んだエーテルがダッチロールを繰り返すという混沌ぶりだ。ただ、アルバムの曲はいずれも、それほど長くはなく、どれも、ストーリー性すら感じられるもので、予想をしていたほど、難解でもない。そして、改めて、ジャケアートに目を向けてみると、そこに描かれている流砂に浮かぶ微笑みの人面は、やはり粉々に崩壊し、砂と化した様々な事物に宿った霊が集合して生まれたかのようにも見えて来るのであった。








Spirits of Disintegration in the Sand

Fis, a New Zealander new comer has started to be noticed by 2013, through few releases from Tri Angle, the label known for releasing records of such music that roam around across Dark Ambient, Industrial and Bass Music, namely those like by The Haxan Cloak (now became popular for mixing Bjork’s latest album) and Vessel. His debut album’s cover art may well express its title for the front side of it consists of an abstract graphic that may look like a quicksand, and a shadowy man face that reminds me of the “Face on Mars” could be found on the other side of the cover. These graphics are by Brian Degraw of Gang Gang Dance, an Experimental Rock band you may well know. This fact alone made me expect that this album could sound pretty enigmatic. .

The opener track which bears the album’s title, in fact reminds me of a quicksand swallowing down buildings and mechanical objects on streets, by slowly rotating and pulverizing them. In the following track “Ak”, the framework of Bass Music is like being dissolved by sulfuric acid, and you will find yourself put into a turmoil where buildings keep on falling down to you, until fine synth phrases like ribbons of glittering spiritual beings start to stream up to the sky. Fluorescent lights make buzzing noises in “Social”, which then makes you aware of a city of ancient Rome being submerged in a water tank, and gradually hear a melody of grief sung by slaves put under a hard labor. In “Happy Alone” you will find spirits of corpses working in an abandoned, rotten factory which is being left in a bamboo forest, then eventually hear myriads of bamboos shudder and sing for their salvation. Senses of ‘disintegration’ exist also in the following two tracks; a mob of phantoms fool around stumping on pianos’ pedals in “Pedal”, hence making an integral decay to take place in those pianos, and in “Frost Pocket”, churches along with hymns of saints are drained into shredding machines, but peals of prayers never cease as they rise like gleams that head towards the heaven. The closer, “Kal” takes you half way to a Progressive mood, but rather throws you into a chaos of a repetitious Dutch-rolling ether which gobbles bass sounds and metal splinters all together. All of the tracks in the album are not as long as they could be, and are even dramatic, in other words, not as abstruse as I have expected. So what I see now in the cover art of the album, the archaic smile appearing on a quicksand, may be a creation given by gathered up spirits of all shredded matters that have been turned into sand.

スポンサーサイト



PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR