スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NEWS】Surgeon / Tresor 97-99

▽NEW RELEASE▽
Release Date: June, 2015

Surgeon / Tresor 97-99

ここ最近、古い作品のリマスター版をTresorやSRX(主にリイシューを専門とするSurgeonのレーベル)からいくつかリリースをしているSurgeon。彼の1997年から1999年の3枚のアルバムをCDでボックスにまとめたリマスター版がTresorから発売となる。リマスターはエレクトロニック・ミュージック界で数多くのマスタリングを手掛けたことで知られるMatt Coltonによる(最近ではSquarepusherの「Damogen Furies」のマスタリングもしているが、他にもPerc TraxpercInigo KennedySBTRKTobjektV/VmBlack RainLussuriaShinichi AtobeAndy Stottなど、ここで紹介した作品の多くも手掛けている)。このボックスに含まれるアルバムはSurgeonによるポスト・インダストリアルのトリロジーとも言える3作品で、まず1枚目の「Basictonalvocabulary」(1997年)は、重さというよりは、鋭利で乾いたテクノビートにクラウトロック風なギターの断片が踊る「Krautrock」や、スティールパンの軽やかな音色のように弦の音が乱舞する「9 Hours into the Future」など、個性的な曲が多い。続く「Balance」(1998年)は、地下工場の機械のような、重く、高速なビートに、金属が擦れる音が妙なアンビエンスを醸し出しているような曲が多く収録されているアルバム。そして、「Force + Form」(1999年)は、よりインダストリアル色が強くなってはいるが、トライバルな要素が顔を見せる作品。最後の曲の「At the Heart of it All」はデトロイトテクノの優雅さにURのようなトライバルなビートが融合した繊細な曲で、個人的には大好きな曲だ。これら、3つのアルバムのオリジナル作を全てもっていたとしても、テクノ・ファンなら絶対欲しいと思えるボックスだと、自分は思う。

Recently, quite a number of Surgeon’s past releases are being reissued from Tresor and SRX (Surgeon’s label for releasing reissues). This time, Tresor is releasing Surgeon’s three albums that have been released in years from 1997 to 1999. All of them will be remastered and will be packed in a box of CDs. The remastering work is done by Matt Colton known well for mastering many Electronic music pieces (one of the latest piece is Squarepusher’s “Damogen Furies”, and also many other are referred to in my past posts: Perc Trax, perc, Inigo Kennedy, SBTRKT, object, V/Vm, Black Rain, Lussuria, Shinichi Atobe, and Andy Stott). The three albums packed in this box are all excellent as may well said so to compose Surgeon’s Trilogy of Post-Industrial Music. Firstly, “Basictonalvocabulary” (1997) consists of Techno tracks of dehydrated –meaning not so heavy- and sharp beats, but many of those possess interesting factors: sounds of Krautrock guitars dance in “Krautrock” and string sounds bounce like steelpan sounds in “9 Hours into the Future”. In the next album, “Balance” (1998), heavy machineries of underground factory pump their beats in high frequency, while chafing sounds of metals create a slight Ambient feel. “Force + Form”(1999)is the album in which Industrial hardness gets more intense, juxtaposing well with Tribal aspects. My favorite is the closer track, “At the Heart of it All”, an elaborate piece in which Underground Resistance-like Tribal beats bounce as Detroit Techno flow gracefully. As long as you are a Techno freak, you may want to get this CD box, even if you already have the originals of these three albums.






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。