スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VILOD / Safe in Harbour

VILOD / Safe in Harbour vilodgraph.jpg
Release Date: July, 2015


異形のエレクトロニクス+ピアノの囁き

個人的にMax Loderbauerといえば、90年代初頭のSun Electricのアンビエント・トランスの印象があるが、Basic ChannelのMoritz von OswaldによるMoritz von Oswald Trioでは、優雅で難解なダブテクノの一翼を担い、Atom™と即興ピアノアルバム(「Grand Blue」)を出しているTobias FreudとはNSIでピアノを主体としたエクスペリメンタルな作品も出している(「Non Standard Institute Plays Non Standards」)。本作は、このNSIの持つ、エクスペリメンタルなアプローチと、Ricardo Villalobosの不気味ミニマルが合わさった、複雑怪奇な内容となっている。彼らが、過去にコラボした作品で有名なのは、「Re:ECM」(2011年)で、これは、コンテンポラリー・ジャズやネオ・クラシックのレーベルECMの作品を彼らがリメイクしたものを集めたアルバムとなっている。そして、同じ頃、彼らはMoritz von Oswald Trio やActressの作品のリリースで知られるHonest Jon’s Recordsからリリースされた南アフリカのエレクトロニックダンスミュージックのコンピレーションアルバム「Shangaan Electro」の中の曲のリミックスも手掛けている。そういう意味では、クラシックからジャズを経て、アフロな領域にまでエクスペリメンタルな触手を伸ばす、非常に意欲的なデュオとも言える。また、2014年には、Nicolas Jaarのレーベル、Clown and SunsetやOther Peopleから主にリリースのあるValentin Stipの曲をVILODとは綴りが逆のユニットLoVilとしてもリミックスしているのがおもしろい。

さて、本作は彼らのこういった活動の中でも、やはり、「Re:ECM」のアプローチを継承した感じではあるが、あくまで彼らのオリジナル作という位置づけとなっている。1曲目の「Modern Hit Midget」は意外にも女性の淡々とした語りで始まり、Villalobos特有の電子の芋虫がウジャウジャ這いずり回るなか、ジャズのようなビートが現れる。それに続く「Safe in Harbour」でもジャズドラムが鳴り、腸の中をズルズル走るようなヴィラロボスのベースに、切なさと泥酔の境界線を彷徨うようなピアノ・メロディーが背後から迫って来る。アルバム中盤の「Beefdes」では、不規則なリズムがアヴァンギャルド・ジャズを超えて、もはや民族音楽的な領域に近づいて行くようで、続く「Zero」では、トライバルなビートが次第にジャズの世界に引き込まれ、仄かなメロディも電子的にどんどん歪められて行き、しまいには映画「サスペリア」を連想させるような不気味な女性のコーラスが浮遊する。締めくくりの「Surmansky Blow」は、液体の中のグリッチの様相からIDMの深淵へと沈み行くが、いつしかフランスのエレジーのような、もの悲しいオルガンの音がひっそり聴こえ出す流れがおもしろい。クラシカルなインテリジェンスとジャズの鼓動に、異形のエレクトロニクスとパルス音が飛び交い、どこかノスタルジックなピアノが媚薬のように漂う…。わかりやすいほどのバランスのコラボワークが楽しめる作品だ。








Electronic Deformation + Piano Whispers

I have known about Max Loderbauer back since the 90’s, as a member of Sun Electric, an Ambient-Trance group. He is now known for being one of Moritz von Oswald Trio by Moritz von Oswald (from Basic Channel), and I remember that he has joined up with Tobias Freud (who played with Atom™ and created a piano impromptu album, “Grand Blue”) as NSI, releasing “Non Standard Institute Plays Non Standards”, an album that consists of experimental music played by pianos. The experimental approach of NSI is being applied well in this album together with Ricardo Villalobos’ eerie minimalism, thus making it an album of some bizarre complexity. The collaboration of the two is well known from the album, “Re:ECM” (2011), in which their remakes of contemporary Jazz tracks and Neoclassical tracks from ECM label are featured. Also at the same period of time, they have worked together for a remix track of “Shangaan Electro”, a compilation album of South African Electronic Dance Music (released from Honest Jon’s Records, known for releasing albums of Moritz von Oswald and Actress). This way, this duo seems quite avid, spreading their tentacles over Classical music, Jazz, and far over to the field of Afro-music. Moreover, it is quite interesting to know that they have done a remix for Valentin Stip (mainly know for releases from Nicolas Jaar’s label, Clown and Sunset and Other People), under the name of LoVil, which is just a reverse version their present name, Vilod.

And for this album, I could still see the approach which is close to what I find in “Re:ECM”, but this solely consists of their own tracks. The opener track, “Modern Hit Midget” starts with an unusual tone featuring a woman’s apathetic narrative; then Villalobos’ electronic worms wiggle around as beats of Jazz appear soon in the track. Jazz drums are still being struck in “Safe in Harbour”, while Villalobos’ bass lines squirm inside your intestines, and the melody of piano wandering in between a sorrow and a muddle approaches to your back. “Beefdes” which comes later in the album has this erratic rhythm that bounces far beyond what you would find in Jazz Avant-garde; it even leads you to the field of Ethnic music. Yet in “Zero”, Tribal beats will be swallowed in to the territory of Jazz, as its faint melody suffers an electronic deformation, and a nightmarish women’s choir which reminds me of the film, “Suspiria” floats around in the end. The closer, “Surmansky Blow” sounds like Glitch music inside a bottle of liquid, sinking down to the abyss of IDM, while an organ plays a French elegy at its background. Here, you would find aberrations of electronics and pulse sounds collide, while you feel the intelligence of Classical music and the heartbeats of Jazz, as nostalgic piano sounds dwell like a potion of mystery. This way, the album indeed sounds to be a well-balanced collaboration of the two.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。