FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All – Dial 15th Anniversary / Various Artists

All – Dial 15th Anniversary / Various Artists dialgraph.jpg
Release Date: May, 2015


難解な心地よさ

Dial Recordsはテクノとアンビエントをディープ・ハウスの小舟に乗せたような音楽を展開するLawrenceことPeter M. KerstenがCarsten JostとTurnerと共に設立したレーベル。本作はこのレーベルのアーティストによる新曲を集めたコンピレーションアルバムだ。なかでも有名なのがRoman Flügelで、2010年以降は自身のアルバムをこのレーベルからリリースし続けている。そして、レーベル・オーナーのLawrenceとRoman Flügelが同時に参加しているコンピレーションには以前にも紹介した「Enjoy the Silence」というアンビエント系のアルバムが記憶に新しいが、本コンピレーションはアンビエントでもなければ、Kompaktレーベルが例年リリースするテクノとアンビエントの間を浮遊するようなコンピレーション・シリーズ「Pop Ambient」ともまた違い、Dial Recordsならではのアンダーグラウンドでエクスペリメンタルな霧をまとうような、そんな1枚となっている。

まずアルバムの1曲目はネオ・クラシカルな作品で知られるChristian Naujoksによる曲で、映画TRONに登場する古いアーケードゲーム機の中に広がる暗黒のサイバー空間で「ブロックくずし」のブロックの鍵盤をゆっくり押して奏でているようなアンビエント曲だ。続いて、ファインアートでも知られるStephan Tcherepninの「I Want to Be Art」は明らかにカタカナ英語のヴォーカルがヘタウマな感じで歌を唄う不思議ダウンテンポ。ここまでは、エクスペリメンタルな側面の強い曲が並ぶが、レーベルの色合いのひとつでもあるディープ・ハウスに寄り添うような曲もいくつかこの後に続く。RNDMの「Summer Smile」は冷たい水の入ったグラスにレモンのスライスが滑り込むような、ミニマルなディープ・ハウス。そして、レーベル設立メンバーのCarsten Jostの「My Confession」はラムでも飲んで、ほろ酔い気分のTheo Parrishのような曲で、Lawrenceの「Chez Dupont」は液体とクリスタルがコロコロとヘビーベースの中で踊るような曲だ。ただ、これらとはガラリと違う感じで、Pawelの「All Nearness Pauses」のように、90年代のダークなギターポップの懐かしさが蘇るような曲もこのアルバムには含まれる。The Queensの「Earth Angel」は、濃霧の墓場で展開されるシューゲーで、James Kの「S Lush」はリズムボックスのダブが炸裂するなか、My Bloody Valentineの霊が浮遊するような曲となっている。そして、そんなノスタルジーから解き放たれた2010年代の香りがする曲も更に続き、Arcaのような狂気をまとうオリエンタリズムを感じさせるJohn Robertsの「Paloma」、James BlakeがBoys II Menのようなコーラスで唄っているかのごとくのDawn Mokの曲がそれにあたるといえよう。また、軽薄なトライバルビートにハードコアテクノの小人が掛け声を連呼するPhysical Therapyの「Market Crash」もおもしろい。ただ、これらのバリエーションの中で、今やレーベルを代表するアーティストと言ってもよいDJ RichardはBurialのような不穏な暗さとIDMの歪んだ静けさが冷たいテクノ・ビートを引き連れて奇妙なバランスをとっている曲「Zero」を提供し、その存在感を示している。そして、圧巻はRoman Flügelによるデトロイトテクノとダブテクノを融合させたところに繊維ようにネオ・クラシカルなエッセンスが織り込まれ、絶妙な均衡が保たれている「In Your Wardrobe」と、ビロードの海原の中をクリスタルの蒸気機関車が走るような優雅さを持つPantha du Princeの「Timeout on the Rocks」だ。エクスペリメンタルでありながら、心地よい。そんな世界が広がるレーベル・コンピレーションをお愉しみあれ。








Abstruse, but Luscious

Dial Records is a label created by Carsten Jost, Turner, and Peter M. Kersten a.k.a. Lawrence whose music is like having Techno and Ambient sharing seats in a boat of Deep House. This compilation album consists of new tracks created by artists of the label. Roman Flügel may be the one of the most well-known artist within them, and he has his album releases from this label since the 2010’s. It was not quite ago when both Lawrence, the owner of the label and Roman Flügel have shown up in a same compilation album, as I recall that I have mentioned about an Ambient compilation album, “Enjoy the Silence” in this blog before. However, this Dial Records’ compilation album is not exactly an Ambient album, nor like Kompakt label’s annually released series, “Pop Ambient” that consist of the music that seems to wander around in between Techno and Ambient. This album may sound more like a piece filled with a fog emerging from the label’s underground mood and Experimental sensibility.

The album opens with an Ambient track by Christian Naujoks, known for Neo-Classical works; the track is composed of acoustics of slowly hit keyboards that could be like blocks that appear in good old arcade game, “Breakout” being played in a pitch black cyber area as featured in the film, “TRON”. “I Want to be Art” by Stephan Tcherepnin known also for his fine arts is a weird Downtempo, in which a girl chants English verses with a typical Japanese accent. These tracks may be the examples that characterize the label’s Experimental aspect, but the others that follow are tracks that seem to nestle close to the mood of Deep House, which also could be thought as one of the aspects that color this label. RNDM’s “Summer Smile” is a Minimal Deep House track which lets you imagine slices of a lemon sliding in to a cold glass of water. “My Confession” by Carsten Jost, one of the founders of the label, is like a track created by tipsy Theo Parrish sipping on his glass of rum; and crystals and fluids roll and dance to heavy basses in Lawrence’s “Chez Dupont”. Yet, tracks like Pawel’s “All Nearness Pauses” that remind me of a nostalgic darkness such found in the 90’s Guitar Pop, suddenly appear in the album as to reveal another aspect of the label. The Queens’ “Earth Angel” is a Shoegazer played in a foggy graveyard, and you will find My Bloody Valentine’s spirits floating around while Dub beats of a rhythm box bounces in James K’s “S Lush”. While, like being released from this good oldness, some tracks that wear 2010’s newness are also included in this album. John Roberts’ “Paloma” has this lunatic oriental lines like what found in Arca’s recent album and Dawn Mok’s track sounds as if having James Blake singing in Boys II Men’s harmony. Physical Therapy’s “Market Crash” is pretty attractive for dwarfs of Hardcore shout out in frivolous Tribal beats. Within such variety of styles, DJ Richard, who now could be said to be one of the outstanding figures of the label, stands out well in the album with his track “Zero”, in which Burial’s creepy darkness and IDM’s deformed silence are juxtaposed in a queer balanced state by a help of cold Techno beats. And the most inspiring pieces are: Roman Flügel’s “In Your Wardrobe”, in which a Neo-Classical thread weaves Detroit Techno and DubTechno together by keeping an exquisite tension in between the two, and Pantha du Prince’s “Timeout on the Rocks”, an elegant track in which a crystal steam locomotive runs in the ocean of velvet. The album indeed is filled with Experimental approaches, but it sounds luscious enough to make you please.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。