FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gajek / Restless Shapes (2014)

Gajek / Restless Shapes (2014) gajekgraph.jpg
Released Date: November, 2014


見える音の描写

Monkeytown Recordsからリリースされた、謎多きアーティストととも呼ばれたGajekのデビュー作。後にPlaidとAlva Notoによるリミックス盤がリリースされたが、まさにこれらのアーティストにリミックスをされるに値するような、IDMとエクスペリメンタルの要素をバランス良く持ち合わせた作品がアルバム中でも展開されている。全体は大きく3部のタイトルに分けられており、最初の「Curved Engines」のパートが合計8分弱となり、6曲で構成されている。以下「Restless Water Shapes」は14分で8曲、「Moving Glasses」は12分で7曲の構成となる。

まず、最初のパートの「Curved Engines」の1曲目では、確かに車のエンジンがピストン運動をする機械音が響くが、次第にネオクラシカルな側面が現れ、ピアノが音階を登り始める。続く「Restless Water Shapes」のパートも細かく水が波打つような電子音のリズムで始まり、蠢く水流が幾重にも揺らめくシンセと途切れのないサンプリングの坩堝で表現されている。そして、最後の「Moving Glasses」のパートでは無数のガラス板がトランプのようにはためくリズムに、鋭く強い光が明滅するような強烈なビートの曲で始まる。ガラスの持つ物質的な硬さを音で表現することによって、そこに介在する光というものが巧妙に浮彫にされていくのがこのパートの魅力だ。

アルバム全体をパッと聴いた感じでは、Plaidをエクスペリメンタルにしたようなアルバムと評することができるかも知れない。ただ、その「エクスペリメンタル」とはどういうものなのだろうか?絵画的な例えでいうと、上記のように本アルバムを構成する各パートの短い曲では、まるでキュービズムのように直接的・間接的に様々な角度から、それぞれのパートのキーコンセプトである「エンジン」「水」「ガラス」を断片的に捉えているかのようにも思える。そして、それらのピースを偶然の力も少し借りながら、重ね合わせながらそれぞれの曲が構築されているかのようなのだ。これは、エクスペリメンタルにして、アーティステックなアプローチともでも言うべきだろうか。PlaidとAlva Notoのリミックス・トラックと併せて聴いて確かめて欲しい、そんなアルバムだ。











Depicting Visible Sounds

This is a debut album of Gajek, an artist of mystery, from Monkeytown Records. It is no surprise that remixes by Plaid and Alva Noto have been released later, for the works in this album seem to consist of IDM and Experimental factors in quite a well-balanced manner. There are three titled sections in the album, starting from the first part under the title of “Curved Engines”, which is as long as eight minutes in total consisting of six separate tracks. Followed by are 14 minutes of “Restless Water Shapes” with eight tracks and 12 minutes of “Moving Glasses” with seven tracks.

In the opening track of the first section “Curved Engines”, without any doubt, an automobile’s piston engines roar in mechanical jams, but neo-classical aspects gradually appear as piano tunes start to elevate in scales. The following section, “Restless Water Shapes” starts with electronic rhythm patterns of trembling water, which then squirms in streams delivered by a multifold of dancing synths and continuous sampling works. In the last part “Moving Glasses”, millions of glass plates flutter like playing cards, while harshly stinging lights flicker in vicious beats. It is very charming that the solidness of material glasses are well expressed here musically, so the existence of lights that involve there is being elaborately brought to the fore.

We may be intended to believe that this album is like listening to an Experimental version of Plaid. But, what do you really mean by saying “Experimental”? Each short track that configures each section in the album seems to capture fragmental aspects of the main concepts of the corresponding music parts: engines, water, and glasses, directly or indirectly from various points of view, analogously like how Cubists do in their paintings. In effect, such fragments are like being overlapped and pulled up together, with some help of coincidences, as to create the tracks of this album. You may call this approach “Experimental”, but it is even artistic indeed. Make sure to listen to this album along with those remix tracks by Plaid and Alva Noto, and you will see.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。