FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Downliners Sekt / Silent Ascent

Downliners Sekt / Silent Ascent
Release Date: April, 2014


バルセロナからの贈り物

これはポスト・ダブステップの仲間なのだろうか?軽く聴くと、クラックル音や、木材が倒れるパタンパタンとした音や、ラジオの雑音のような音がする。確かに、このアルバムに漂う、廃墟の湿った匂いはBurialのそれに近いし、哀しいぬくもりはJames Blakeのよう。ただ、多くの曲がダブテクノの鼓動を鳴らし、シューゲー的な地面から這い上がるような高揚感がある。切なさはBoards of Canadaのエレクトロニカに由来しているようにも思える。

ただ、いくつか雰囲気だけでは語れない曲がある。5曲目の「Balt Shakt I」は後半に邪悪な天使にどこかへ連れ去られるような盛り上がりがある。この解放なのか略奪なのかわからない戦慄がUnion of Knivesの「We Can’t Go Wrong」(2006)を想起させて好きだったりする。9曲目の「Etern」も廃墟で針が跳ぶレコードをかけながら、幽霊がピアノを弾いているようで、Tim Heckerの「Ravedeath 1972」を電気椅子座らせて、電気を通しては消しての拷問を繰り返しているような感じだ。

やはり、ガウディで有名なスペイン、バルセロナのアーティストというだけのことはあって、かなり一筋縄ではいかない世界観を感じる。ジャケアートもバルセロナのArnau Piというアーティストによるもので、現在進行形のバルセロナのアートの一部を全体として、愉しめるアルバムなのではないかと感じる。





A Gift from Barcelona

Do you really call this a post-dubstep sound? In this album, it is easy to notice some crackle sounds and whack-whack sounds of timbers with some radio noises in the background. I should also admit that, I find an ambience of James Blake’s pathetic warmth and damp smell of ruins as in Burial’s tracks. Also, most of the tracks in the album make pulsing beats of Dub Techno, and creates Shoegazer’s elation as if crawling up from a dirt ground. Moreover, its melancholy could be a result of an emanation from Boards Of Canada.

However, there are few tracks that cannot be explained just by the air that they possess. In the end of the 5th track, “Balt Shakt I”, the music stirs up as if one is snatched away to somewhere by an evil angel. This tremor of being liberated or plundered reminds me of my favorite song, “We Can’t Go Wrong” by Union Of Knives (2006). The 9th track, “Etern” sounds like a ghost playing a piano while listening to a flawed record causing stylus jumps. It even sounds like Tim Hecker’s “Ravedeath 1972”sitting in the electric chair which is switched on and off repeatedly in a torturing way.

It makes sense to me that Downliners Sekt does not create something which is straightforward, given that they are from Barcelona, Spain where it is famous for Gaud’s perplexing architectures. The cover art of this album is by an artist called Arnau Pi who also is from Barcelona. It would be nice if I could relish some portion of progressing art spirit of Barcelona, through this album.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。