fc2ブログ

Dela / Translation Lost

Dela / Translation Lost
Release Date: June, 2012


ヒップホップながら、高橋幸宏的な…

少し昔のアルバムだが、ちょっとおもしろいので簡単に書き残しておこうと思った。これは、一般的にはヒップホップのジャンルに入れられているアルバムではあるが、個人的には、ちょっと懐かしい感じのするエレクトロニック作品に聴こえてしまう。ヒップホップと言っても、このアーティストはフランスのアーティストで、アンダーグラウンドな雰囲気がありつつも、ヨーロッパのオシャレ感をしっかり持っている。一番、自分が本作をオシャレだと感じた理由は、高橋幸宏の曲にあるような、フランス語のリリックを交えながら展開する60~70年代ポップスのようなレトロな雰囲気をアルバム全体で表現しているからだ。そして、そこにジャズファンクを匂わせてみたりするのが、更にヨーロッパ風だったりする。ヒップホップ曲はアルバム全体の半分にも満たない程度で、あとは、高橋幸宏の「Drip Dry Eyes」やミカドみたいな雰囲気の曲をヴォーカルなしで、90年代以降のビートやグルーヴに変換している感じ。とはいえ、こんな風に思ってしまうのは、やはり自分がY.M.O.世代だからなのかも知れないが…。

あと、アルバム自体のおもしろさとしては、これが、映画「死刑台のエレベーター」へのオマージュ的な感じで作られたということ。ジャケも、映画のビジュアルを真似ている感じがするし、きっと、マイルス・デイビスによる映画のサントラと合わせて、これを聴いてみるのもおもしろいのかもしれない。





Hip Hop; but Electro Pop?

It has been a little while since the release of this album, but I would like to leave some comments here, for some interests. In general, this album is put under the category of Hip Hop, but for me, it sounds as if it is an album of electronic music with a feeling of nostalgia. It is true that the album consists of Hip Hop music of underground vibes, but given that Dela is a French artist, I feel that he is good at maintaining an atmosphere of European nobility in his album. The best reason why I feel so is that, in this album, I find tracks having an elegant feeling resembling that found in Yukihiro Takahashi’s (a member of Yellow Magic Orchestra, a legendary Japanese Electro Pop band formed in the 70’s; Ryuichi Sakamoto is also a member of the band) Electro tracks featuring French vocals and having an air of the 60’s to 70’s pop music. Moreover, a Jazz Funk flavor is added throughout the album, so making it sound more like…European. Not more than a half of the tracks possess a solid style of Hip Hop, and rest of them are like vocal-less versions of “Drip Dry Eyes” of Yukihiro Takahashi or some of MIKADO’s (an Electro Pop duo of the 80’s) tracks, all being updated and converted by grooves and beat styles that have arisen since the 90’s. But, well… Am I saying so just because I am in the generation which has been influenced very much by Yellow Magic Orchestra and other Electro Pop bands of the 80’s?

But, not to forget, this album is interesting enough just to listen by putting in your mind that it has been created in homage to the classical film, “Elevator to the Gallows (a.k.a. “Frantic” and “Ascenseur pour l'échafaud”)”. Even the cover art of the album appears to resemble that of the film’s DVD covers. For your interest, it might also be a good idea to listen to the film’s soundtrack album which features Miles Davis.

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR