FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brian Reitzell / Auto Music

Brian Reitzell / Auto Music
Release Date: May, 2014


シネマ・イン・トランスレーション

ソフィア・コッポラ監督映画の多くの音楽に携わって来たBrian Reitzellの初となるソロアルバム。ただ、ここに収録の多くの曲は純然たるアルバムとして計画立てられて作られたものというよりは、映画音楽に携わるにあたって、ロックバンド出身の彼が実験的に映画向けの音楽の制作をし、それらを集めた感じの内容になっているらしい。確かに、楽曲のほとんどは、映画音楽を意識したような感じのインストだが、彼自身のバックグラウンドや自分の好きな映画から得た美意識みたいなものが織り交ぜられているエクスペリメンタル感は否定できない。

ソフィア・コッポラ映画の中で音楽の部分で印象が強いのが、やっぱり、アカデミー賞受賞作の「ロスト・イン・トランスレーション」のマイブラのKevin Shieldsの参加によるものだろう。そもそも、この映画にKevin Shieldsが参加可能になったのもBrian Reitzellの尽力あってのことらしい。そして、このアルバムの1曲目にもKevin Shieldsは参加しており、ジリジリと白い光のシャワーを思わせる「Last Summer」という楽曲に爽やかな灼熱のエッセンスを加えている。それ以降の楽曲は、90年代初頭のシューゲーからブリット・ポップ辺りを思わせるギターサウンドがある一方、レトロに感じるシンセ系のシネマティック音楽が主となる。オルガン、メロトロン、ボウ・ピアノ、メロディカ、ヴィブラフォン、ムビラなどの楽器の音をシンセのオブラートで包み込み、新旧映画のフィルムが折り重なり、光がダンスをするような音楽とでも言おうか。Brian Reitzell自身は小津安二郎の映画を好み、このアルバムでも「Ozu」が題名につけられている楽曲が2曲ある。更に、勅使河原宏監督の「アントニー・ガウディ」からインスパイアされた楽曲「Gaudi」では尺八を思わせる音も流れて来る(ただし、Rhodesピアノも楽曲の中では使われているという…)。そのほか「ミツバチのささやき」「2001年宇宙の旅」「惑星ソラリス」など、今回のアルバム楽曲に影響を与えた映画がいくつもあるらしい。また、アルバムのタイトル曲でもある「Auto Music」の1と2は、雰囲気としてはクラフトワークの「Autobahn」に近く、Jupiter 8が楽曲中にも使われている。ただし、クラフトワークの「Autobahn」ほどミニマルでもなく、やはり、収録されている2バージョンとも、車がトンネルの中や、自然の風景がきれいな高速を走っているような映画のワンシーンを思わせる感じだ。また、日本盤のボートラの「Game Over」も文字通り、レトロなゲーセンのゲームオーバー感を表現したトロンな世界で個人的には好きだったりする。

ただ、総じて言うと、やっぱりソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」がそうであったように、ほんのりとした光や浮遊感を感じさせるシンセ音と、心のざわめきに似たギター音が霊的レベルで少しだけ日本の美的感覚とつながっているような、そんな印象を受けるアルバムでもある。






Cinema in Translation

This album is the first solo album of Brian Reitzell, now known well as a music supervisor for most of Sophia Coppola’s films. However, it seems that Brian Reitzell had not prepared all of the tracks in purpose of making an album piece, saying they are rather like the collected results of his experimentation on film track creation. It is true that most of the tracks do sound like soundtrack music for films, but at the same time, they seem to have some experimental aspects resulting from a mixture of the music linked with his background –he had been a member of a Rock band in the early 90’s- and artistic inspirations that he has picked up from his favorite films.

The most well remembered music in Sophia Coppola’s films would be the Oscar winning film, “Lost in Translation” which had Kevin Shields of My Bloody Valentines involved in the soundtrack. Brian Reitzell is the very person who had invited Kevin Shields to the film project. Kevin Shields appears in the first track of the album, the track called “Last Summer”, which makes you feel the pouring shower of white light, and can find that he adds crispy and sizzling essence to the music. The other tracks feature guitar sounds of Shoegaze or Britpop of around early 90’s, while the others feature synth sounds creating the feeling of cinematic nostalgia. Such sounds are of an organ, a mellotron, a bowed piano, a melodica, a vibraphone, and a mbira wrapped up with silky synth sounds that enables us to see lights of old and new cinemas lie on top of each other to dance around. Brian Reitzell seems to be fond of Yasujiro Ozu (a Japanese pre-and-post war film director, whom known for being influential worldwide for his style, aesthetics, and themes) and there are two tracks featuring “Ozu” in their titles. Moreover, the track “Gaudi” is said to be inspired by the film called, “Antonio Gaudi” directed by Hiroshi Teshigawara (another Japanese director) and I hear vague sound of Shakuhachi (a traditional Japanese bamboo flute) with Rhodes piano played around it. It is also quite fascinating to know that Brian Reitzell names more film titles such as “The Spirit of Beehive”, “2001: A Space Odyssey”, and “Solaris” as his reference to the production of the album. The two tracks with the album’s title, “Auto Music” has the feeling of Kraftwerk’s “Autobahn” and Jupiter 8 is being used. However, both tracks are not as Minimal as Kraftwerk’s “Autobahn”; they are more like the tracks that make you visualize vividly some film-like scenes in which a car runs in a long tunnel or in a highway viewing beautiful mountains. And my favorite is the extra track, “Game Over” included in Japan version album. The track is with typical GAME OVER sounds, those I have heard a lot in old game centers, the ones found like in the film, “TRON”.

So, I should say that as a whole, similar to Sophia Coppola’s “Lost in Translation”, this album seems to have an atmosphere of sheer lightness and floating feeling of synth sounds and uneasy guitar sounds, maybe linking spiritually to Japanese aesthetics. Quite interesting.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。