スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luke Abbott / Wysing Forest

Luke Abbott / Wysing Forest
Release Date: June, 2014


腐海の森

Luke Abbottは2012年にケンブリッジのWysing Arts Centreで過ごしたので、「Wysingの森」と題されたこのアルバムは、きっとそこからのインスピレーションなのだろう。彼の2010年にリリースされた前作はエレクトロニカ的に漂うような美しいメロディが緩いモーターの暴走で歪んだり、散り散りになるような曲の集合体だったが、今作は近未来の森の営みをストーリー的に感じることができるIDMとなっている。

個人的には、どうしても宮崎駿の「風の谷にナウシカ」を思い出す。アルバムの2曲目の「Amphis」は12分にも及ぶ曲だが、まさに「風の谷のナウシカ」に出て来るような草原にヘリコプターのような羽音を立てる乗り物なのか、昆虫が全編を通して飛んでいる感じだ。そして、無数の星のように生き物が飛び交う「腐海の森」を探検しているうちに、遠くから巨人の足音が聞こえてくるが、それはジブリ風に言うと「巨神兵」とでも言おうか…。「Unfurling」は谷の強風と電磁場の力と戦うような曲で、「Free Migration」は光を点滅させながら地を這い、跳ねる虫の集団大移動を思わすビートの曲。「Highrise」は森の隙間から差し込む光の帯を切りながら走るスターウォーズのスピーダーバイクを思わせる。「Tree Spirit」はその名の通り、木の妖精やナウシカ風に言えば、胞子のダンスのようなアシッドな曲で、そこから流れ込むように「The Balance of Power」となり、森が落ち着きを取り戻して、光が降り注ぎ、生き物の営みのサイクルを雄大なスケールで表現している。「Snippet」は短い曲だが、唯一、ダークで破壊的な感じのする曲で、これは森の外部から侵入した異物で、今後、これが森に害を与えるのではないかという警鐘ともなっているのかも知れない。そして、最後は「Amphis」のきれいなアンビエント・バージョンで、この世界が朝靄の中に消えて行く。

「風の谷のナウシカ」が宮崎駿の民話的な肌触りのある数々のアニメの中でも唯一に近いくらいSF的であるように、Luke Abbottのこのアルバムもアプローチとしては、森を描いたPete Namlook的なアンビエントではあっても、決してそれは穏やかではないIDMだったりするのがちょっと良かったりする。





The Forest of ‘Sea of Corruption’

Luke Abbott had stayed in Cambridge, Wysing Arts Centre in 2012, and this stay may have inspired him to create this album called “Wysing Forest”. The music of his last album is filled with Electronica oriented melody of beauty, often deformed by a loose motor rolling out of control and scattering around. But in this album, the music is like a story telling IDM which unfolds the workings of the forest of a post-apocalyptic Earth.

When I listen to this album, I personally tend to imagine the world of “Nausicaä of the Valley of Wind”, a Japanese animation film of Hayao Miyazaki. The second track of the album, “Amphis” reminds me of a pastoral landscape of “Nausicaä of the Valley of Wind”, and I hear helicopter like hum of an aircraft or an insect flying throughout the track. While gliding through the traffic of shimmering creatures in the forest of ‘Sea of Corruption’, I hear slow footsteps of a giant which would be ‘God Warrior’ in Hayao Miyazaki’s films’ world. The following track, “Unfurling” sounds like fighting against the valley’s gale and electro-magnetic field. “Free Migration” is the track with beats that sound like swarms of glittering insects creeping and hopping in the forest; and “Highrise” is the music for Star Wars’ speeder bike zapping through the sunlight’s ribbons stretched down into the forest. “Tree Spirit” does exactly sound like spirits of the forest dancing around, or they could be ‘spores’ dancing as in the world of “Nausicaä of the Valley of Wind”. This track fades into the next track, “The Balance of Power” in which the forest gets calm gradually and the workings of Nature is expressed magnificently as it towards the end of the track. The track “Snippet” is a short one and is the only track that has a dark impression which destroys the whole atmosphere of the album. This sounds like a warning of an alien being intruding the forest. And the closer of the album is the ambient version of “Amphis” fading in to the mist of light.

So, if I look back to “Nausicaä of the Valley of Wind”, I would say that it is almost the only Sci-Fi oriented film found in Hayao Miyazaki’s films, since the majority are more based on folk stories. In analogy to this, I think that Luke Abbott’s “Wysing Forest” seems to be close to ambient works of Pete Namlook in its approach, but at the same time, it does not sound as comfortable as it should be; thus making it an interesting IDM.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。