スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cocoon Compilation N

Cocoon Compilation N
Release Date: September, 2014


No.14

あのジャニーズのKinki Kidsと同様、アルバムタイトルをアルファベット1文字で、Aから順番に出し続けているCocoonのテクノ・コンピレーション・アルバム・シリーズの最新盤(Kinki Kidsの下りは英訳しないでおきますが…。因みに彼らの最新アルバムは「L」です)。基本的にエクスクルーシヴ・トラックばかりを集めているので、好きなアーティストの曲がある場合は買うことにしている。今回の目当ては、デトロイト・テクノ・フォロワーとして注目を集めたAril BrikhaとVince Watson(彼のVince I. Watson名義のアルバムがデトロイト・テクノとアンビエントのミックスチャーで最高に美しいアルバムなので、おススメしたい)のコラボ・トラック。いずれも、デトロイト・テクノの持つ純度の高い美しさを大事にして来たアーティストだと自分は思っている。そんな二人のコラボということだが、全く期待を裏切らない、シンセ音が花の香りのように広がる美しさで、しっかりとしたテクノ感。また、この曲の前に収録されているMarkus Fixの曲もテックハウスながら、デトロイト・テクノ的な遊びがあって、なかなか楽しい曲ながら、次のAril BrikhaとVince Watsonの曲へとスムーズな流れを作っている。また、個人的にはAlan Fitzpatrickの「For Fear Tonight is All」がテックハウスとはいえ、なんとも言えない暗さと複雑さがあって、「当たり」な感じがして気に入っている。インダストリアル路線代表としては、Lucyが盤石のハードさで、高音の光の筋が時折流れる繊細さを見せている。そして、今回一番気に入ったのが、フランスらしいシュールさのあるVillanova。リズムが80年代終わりのEBMの父Front242の「Headhunter」風でありながらRicardo Villalobos的な不気味ミニマル感を出していて、クセになる。





No.14

This is the latest release of the Cocoon compilation album which consists of exclusive tracks of various DJs and producers. I do not purchase every single album of the series annually, but tend to purchase one whenever I find a track of my interest is being included in an album. What made me excited about this year’s album is the collaboration track of Aril Brikha and Vince Watson (the album released under the name of Vince I. Watson is the most beautiful album of his, in which Detroit Techno and Ambient music is mixed in a great harmony) who are both famous for creating beautiful Detroit Techno of high purity. The track is very beautiful indeed, it even spreads synth sound of floral aura with consistency of Techno approach. Moreover, the track lined right before this track is a Tech House track of Detroit Techno orientation by Markus Fix, and is quite amusing and makes a smooth flow of music passing on to the track of Aril Brikha and Vince Watson. Alan Fitzpatrick’s “For Fear Tonight is All” is a Tech House track, but it has an unexpectedly dark and complex atmosphere. I personally thought that it was a good buy just for this track. And my favorite part is the Industrial part of the album mainly created by Lucy’s solid Techno filled with heavy machinery roars often disturbed by keen sounds of light rays. Finally, the most interesting track that I have found in the album is the track by a French duo called Villanova. The track sounds pretty surrealistic for me; it has beats resembling that of Electronic Body Music as of Front242’s “Headhunter”, and it also has an eerie Minimal flavor of Ricardo Villalobos which makes me quite addicted.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。