FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Function : Vatican Shadow / Games Have Rules

Function : Vatican Shadow / Games Have Rules
Release Date: September, 2014


ニューヨークがもたらすもの

Functionといえば、かつては、Regisとも活動を共にし、Sandwell Districtのメンバーとしても活躍し、最近ではOstgut Tonから暗めのミニマルのソロアルバムを出している硬派なイメージのあるアーティスト。そして、Vatican Shadowといえば、チェチェン紛争やイスラム原理主義などに関連した血なまぐさいイメージをテーマにしたインダストリアル系の音楽を作っている印象が強い。ただ、この二人のタッグによって作られた本作は良い意味で期待を裏切るアンビエント寄りの作品になっている。いずれの音楽にもあった、重いビートはほとんど排除され、Function流の細切れにされた人々の会話が機械音のダブ空間を粉じんのように浮遊し、Vatican Shadow流の紛争地帯に漂う絶望のメランコリアのメロディーが展開される。

アルバムのスリーヴには、ニューヨークのエンパイアステート・ビルの写真が掲載されている。そして、色々なレビューでは、このアルバムが現在のニューヨークの雰囲気を表現しているというように書かれている。なるほど、最初の曲の「Things Known」は夜のニューヨークの街のマンホールの穴から煙や湯気が湧き上がり、その隙間から見る無数の街の灯りが歪んで見えるような音楽だ。タイトル通り、これが、我々のよく知るニューヨークの姿なら、次の曲の「Things Unknown」は、その延長線上にあるアトモスフェリックな音楽ながら、小雨の降る音や目に見えない人の足音というか、悪霊の営みのようなものを感じさせる深みのある音楽だ。続く「The Nemesis Flower」では、神の怒りを象徴する女神、ネメシスがタイトルに使われているだけあって、暗くて重苦しい。次の「A Year Has Passed By(1年が経ち)」では、明るい雰囲気で未来を目指す感じが表現されていて、そこから合流する「A Year Has Gone By(1年が過ぎ去り)」では、Twin Peaksのテーマ曲のような不安や悲しみが足元に沈んでいながらも穏やかな日常を表現しているような感じがする。これ以降の2曲はミニマル・ビートのナンバーになり、活気を取り戻した煌びやかなニューヨークを象徴しているようだ。こうやってアルバムの曲をストーリー仕立てに聴いて行くと、9・11以前のニューヨークから、9・11後の恐怖と絶望、そして復興の光など、順を追って感じることができるような気がする。そもそも、ハードな曲を作る二人がニューヨークをテーマにしたら、おのずとメランコリックなアンビエントになったという…。異色ではあるが、意味の深いアルバムのように感じる。





What New York Brings About

Funciton is known as a member of Sandwell District, and is also known for working with Regis in the past; he has recently released a solo album of dark and minimal Techno from Ostgut Ton too. And Vatican Shadow is known as an Industrial oriented producer whose past releases often had sanguinary imageries deriving from issues related with Chechenya and Islamic fundamentalism. However, as if betraying our expectations, the collaboration album of the two producers has turned out to be an ambient one; but, in a good sense, I would say. The heavy and dark beats found in both of their solo works are not found much in the album, and it is more like having a combination of Function’s minimal Techno factor: people’s talking sounds shredded in to pieces floating around like dust in machinery dub aura and Vatican Shadow’s melodic factor: melancholia of despair and fear found in hotspots and war fields.

When you look at the sleeve of the album, you will find a photograph of the Empire State Building being printed. In many of the album’s reviews, it is mentioned that the album is inspired from the city, New York. It is true that the opening track, “Things Known” sounds like the music that makes you feel like seeing lights of the city at night, being refracted by smokes rising up from manholes in pavements. This may be the atmosphere of the city, New York that we know well of, as the title of the track says so, whereas in the following track “Things Unknown”, the same atmosphere is being continued, but sounds of rain and unknown footsteps make me imagine some evil workings going on in a dark depth of the city. “The Nemesis Flower” is a mournful track, as could be imagined from the title including the name ‘Nemesis’, which is a goddess symbolizing God’s anger. And the following track, “A Year Has Passed By” is getting closer to a brighter future, and “A Year Has Gone By” sounds like “Twin Peak’s Theme” which is like expressing a calm everyday life with fears and sorrows lying under your feet. The following two tracks are of minimal beats, and sound like spirited New York with glittering lights.

By looking at this album’s tracks one by one, it is as if imagining a story of the city before and after 9/11, including imageries of fear and despair of 9/11 and feelings of expectations for the future of the city. Remember that Function and Vatican Shadow are the producers who make Techno sound quite hard and loud. However, this collaboration album turned out to be quite melancholic and ambient instead. If this is particularly because the album is being created reflecting their minds over the city, New York, then it may be said that the album is unique and quite meaningful.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。