FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Future Sound of London / Environment 5

The Future Sound of London / Environments 5
Release Date: September, 2014


進化の最終形

The Future Sound of Londonの「Environment」シリーズの第五弾は、このシリーズとしては2年ぶりのリリースだが、これまでこのシリーズはアーカイブ的な素材をベースに作られて来たが、今作は全くの新作ということで、その観点で言うと実に20年ぶりくらいの新録アルバムということになる。そういう意味で確かに、今作はこれまでの4枚と違い、宇宙や森や雑踏の音の断片を有機的につなげたエクスペリメンタル・アンビエントというよりは、ひとつひとつの楽曲がロックやジャズと言った音楽らしい作りになっているように感じる。また、リドリー・スコット監督の「悪の法則」のサントラなどを手掛けたDaniel Pemberton、サイケ・ジャズバンドSyd Arthurでヴァイオリンを弾いているRaven Bush(Kate Bushの甥)などが参加している部分での効果というのも聴きどころのひとつと言えよう。

このアルバムは「死へ旅立つときの時空の探求」というように説明がされているが、なるほど、これまでの「Environment」シリーズの中でも、一番人間っぽい感じがする。シリーズ1作目は、彼らの代表的なアルバムである「Lifeforms」に通じる、宇宙的規模で考えた生命の誕生から、地球に降り立った赤ん坊の感覚宇宙を表現している感じで、2作目も宇宙と日常の混沌の中にダンス要素が入り、3作目ではエスニックでスピリチュアルな要素が組み込まれている。4作目では、若干プログレやダウンテンポな感じの曲を含み、混沌の世界が複雑化と共に成熟されて行く感じが表現されているようにも思う。そして、この5作目では、ジャズ的な黄昏の雰囲気やピアノのレクイエム、グレゴリウス聖歌のようなヴォーカルなどが織り交ぜられていて、これまでの作品の中では一番、人間的な音楽要素を感じることができ、宇宙的混沌が静かに整理されて行くような雰囲気がある。こうやって見ると、この「Environment」シリーズは、ある生命の進化の過程を順番を追いながら描いているようにも思え、最後は人間としてこの世を去って行くということをFSOL的な雄大さで表現しているように感じる。彼ら特有のエクスペリメンタルなIDMを期待して聴くと、がっかりするかも知れないが、ひとつのエレクトロニカ作品として聴くと、これは素晴らしい出来のアルバムで、カタルシス効果がハンパない。





The Final Form of Evolution

The fifth version of “Environment” series of The Future Sound of London is being released two years since the last version’s release. It is known that the four of the past releases mainly consist of archival materials, but all of the tracks of this fifth version are said to be the ones that are being freshly recorded, meaning that it will apparently be the band’s new recordings in twenty years. In this sense, it is true that most of the tracks do sound more like music pieces characterizing Rock and Jazz, rather than Experimental Ambient music featuring forests, cities, and the universe, as have been in past albums. It is also interesting to know that Daniel Pemberton (known as the composer of the soundtrack of Ridley Scott’s “The Counselor”) and Raven Bush (a nephew of Kate Bush and a violinist of Psychedelic Jazz band, Syd Auther) are collaborating with the band in this album.

The press says that this album “explores the space / time / dimension that exists when we die. The moment of departure”. Indeed, it could be said that the album sounds very human when compared with preceding “Environment” albums. The first one of the series does have many imagery linkages with the well-known album, “Lifeforms”; it possesses an atmosphere and a story in which lifeforms make birth in the universe and newborns landing on the Earth, then experiencing the surrounding world. In “Environment 2”, there still exists a chaotic atmosphere which is like the universe mixed up with sounds of daily life surroundings, but is being fixed up well with some dance music aspects, while it becomes pretty ethnic and spiritual in “Environment 3”. The chaotic state seems to get in to a mode of sophistication in “Environment 4”, for you can find few of Progressive and Downbeat tracks included in the album. And the fifth album includes a couple of twilight colored Jazzy tracks, a piano requiem, and a track featuring choir vocals that remind me of Gregorian chants; and all of those musical factors make the album sound human, and makes me start to think that all of the chaos that we had seen in preceding albums are now quietly put in to an order in this album. It is as if seeing the course of evolution of lifeforms through “Environment” series, and FSOL finally makes us see the end of it, which would be the moment of death of human beings. The music itself of the album may sound a bit disappointing if you are expecting it to be something like “Lifeforms” and other “Environment” albums that are experimental and of IDM orientation, but once you determine it to be an Electronica album instead, you would have to admit that this is a gorgeous album which leaves you with a sense of unforgettable catharsis.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。