スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marko Fürstenberg / Ghosts from the Past

Marko Fürstenberg / Ghosts from the Past markograph1.jpg
Release Date: September, 2014


ダブテクノの中の多彩なメッセージ

Marko Fürstenbergは2003年よりドイツで活動するDJ兼プロデューサーだが、彼のプロフィールを見ると、DepecheModeやa-haやNew Orderに影響されてエレクトロニック・ミュージックの世界に進んだらしい。最近で、印象に残っているのは、2008年にEchocord Colourという、Echocordのサブレーベルより、Luke HessとのスプリットEP「Campfire Dialogue」を出し、それがDeadbeatのミックスアルバム「Radio Rothko」に収録されていたこと。「Radio Rothko」では、QuantecとMonolakeの間をつなぐような形ではあるが、彼の曲は収録曲の中でも一番フロア寄りで、同ミックスの盛り上げパートを一手に引き受けている感じになっている。

さて、アルバムとしては、彼にとっては、10年ぶりの作品となる本作は、オープニングこそ、ドローンに近いくらいのゆっくりとした感じのダブテクノだが、徐々に乾いたタムを思わせる打楽器のビートが合流し、一筋縄ではいかない感じを予感させる。そして全体を通して聴くと、どうやらこのアルバムの中の多くの曲は、序盤は曇ったダブテクノの雰囲気で始まるが、後半に向かうにつれて、アシッドやテックハウスのようなフロア寄りの展開に突き進む感じのようだ。2曲目の「With a Difference」はダブテクノ的な霧の中にありながら、デトロイト・テクノの要素が渦巻く個性的な曲で、7曲目の「AMB I」はNew Orderに影響を受けたというのがちょっとわかるような気がするポップなダブテクノ。9曲目と10曲目はMatthew Herbertの「One Club」のように、赤ん坊の声や身の回りのあらゆる音のサンプリング音で構成された感じになっている。また、メッセージ性を感じるおもしろい曲もいくつかあり、5曲目の「Freedom Exists」ではThe Doorsの同名曲の歌詞の朗読が浮遊し、12曲目の「Itayah」は題名からしてアラブな雰囲気の曲で、アラブっぽい女性のボーカルもフィーチャーされている。また、CDのボートラの「Dwights Warning」はアメリカのアイゼンハワー第34代大統領の退任演説の軍産複合体に関する部分のスピーチ音声が使われている。このように、これはダブテクノ・アルバムとはいえ、全くミニマルな感じはなく、音楽的要素以外にも、やや政治的なメッセージ要素までもが曲に組み込まれた、普通のポップ・アルバムのような多彩さ持っているアルバムと言えよう。





How this DubTechno Talks

Marko Fürstenberg has started DJ-ing since 1995 and has started to release tracks of his own in 2003. It is said that he has been influenced by Electronic aspects of Depeche Mode, a-ha, and New Order. My recent knowledge about him is his track being released from Echocord Colour (a sub-label of Echocord), as “Campfire Dialogue”, a split EP with Luke Hess, and it then being included in Deadbeat’s mix album, “Radio Rothko”. His track, practically the only House oriented one in “Radio Rothko” is being slipped in between tracks of Quantec and Monolake, pretty much effectively, creating the highlight of the mix.

“Ghosts from the Past” would be his second album in ten years. It starts slowly with Drone-like DubTechno, but dry beats resembling tom tom drum sounds start to join in at the end of the track. Then I start to understand that most of the tracks in the album start with murky atmosphere characterized by DubTechno, but gradually transforms into House oriented tracks of Acid or Techno. “With a Difference” is a characteristic track which emerges out from the fog of DubTechno, then is surged up by a number of elements of Detroit Techno. I would not say it is by New Order’s influence, that “AMB I” has a blithe atmosphere for it to be called as DubTechno, but it sounds like so. “Woahh” and “Sgummsny” remind me of Matthew Herbert’s “One Club”, in the way they consist of various noise samples e.g. baby cry noises, slapping sounds, etc. Moreover, I find few tracks bearing literal implications: “Freedom Exist” features a voice murmuring the lyric of The Door’s song of the same title; “Itayah” features a female voice singing probably in Arabic tongue –and the title of the track itself looks like Arabic; “Dwights Warning” included in CD only features Dwight D. Eisenhower’s (the 34th President of U. S. A.) voice reading his farewell address, in particular the part where related with the matter of military-industrial complex. This way, in spite of it being called a DubTechno album, it is not Minimal as is expected to be. Instead, not only for having good variations of musical factors, but for having a certain intension of conveying slightly political messages, this album looks colorful like a Pop music album.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。