FC2ブログ

Arca / Xen (Rough Trade Exclusive)

Arca / Xen (Rough Trade Exclusive) arcagraph.jpg
Release Date: November, 2014


「禅」のごとく日本的

「Aphex Twin以来の衝撃」と日本でも称されたArcaのデビューアルバムだが、既に色々なところでレビューが公開されているので、そういうところで書かれているようなことはあまり書かないようにしたいと思う(あと、日本のライナーノーツが封入されている日本盤CDも買っていないので、そこで、阿木譲さんが何と書かれているのか気になるところだが、一応、それも読んでいないので、妙なことを書いていたら、ごめんなさいです)。今回、購入したのは、イギリスのRough Tradeの限定版のアルバムで、こちらには、Arcaによるエクスクルーシヴ・ミックスのボーナスCDが付いているとのことだった。ちょっと日本では入手が困難だったが、なんとか入手した。ただ、このボーナスCDは、蓋を開けてみると、なんのことはない、2013年10月にニューヨークのMoMaで開催された、アルバムのアートワークも担当しているJessie Kandaとのパフォーマンスのときに流されたミックスである「&&&&&」であった。とはいえ、これをフィジカルな形で入手できたのは良かった。

さて、アルバム「XEN」についてだが、まずタイトルについては「不快で魅力的な存在」というように本人が説明しているように、ある架空の存在を指しているようだが、日本人的な観点で言うと、アルバム自体が、かなり日本的な雰囲気を持つ楽曲が多いので、「禅」をもじっているのではないかと勘ぐってしまう。確かに楽曲の多くはクリスタルが擦れるような不快で美しい高音のシンセが湾曲した、凸凹の暗闇の世界で飛び回っていて、これはまさに、彼の世界独特のものなのかも知れない。ただ、いくつかの曲は坂本龍一の「ラスト・エンペラー」のサントラ曲に影響を受けたような感じのものがあるように思え、琴や胡弓のような音色から派生したように感じる音も多く使われている。1曲目の「Now You Know」も琴のような音で始まり、サイバースペースのような雰囲気が松武秀樹のLogic Systemのアルバム「Logic」の「Intro」を思わせる。そして、「Family Violence」はやっぱり「ラスト・エンペラー」の「Rain」のようで(「Rain」は海外では結構、人気で、色々な人がミックスに使っているのを聴いたことがある。そのなかでも異色なのがShut Up And Dance(ハードコアなブレイクビーツ)だったな…。「Green Man」の試聴が下記、アルバムリンクでできます)、そうなると「Held Apart」「Sad Bitch」「Failed」までもが坂本龍一っぽく聴こえて来る。ボーナスCDの「&&&&&」の中でも、坂本龍一がおもちゃのピアノを弾いているような楽曲があるので、ぜひ、教授ヲタクには聴いていただきたいものだ。

ただ、こういう日本的なパーツに頼ることなく、それを凌駕するだけの才能のインパクトは感じることができるのも事実で、アルバムタイトル曲の「Xen」はヒップホップやインダストリアルがごみ溜めのように混じり合い、グチャグチャにうねる空間で天にも昇るフェアライトの音が響く彼らしい世界だ。「Sisters」もクリスタルとチタンでできた小鳥のアンドロイドがさえずるような曲で、「Lonely Thugg」は宇宙のダークマターの中で風呂のアヒルのおもちゃが「ピポー」と鳴いているような曲だ。そのほか、Burialの暗黒世界で尺八が鳴ったり、琴の音色で暴れるSquarepusherのような曲もある。次の彼の作品がどんなものになるのかは本当に期待してやまないが、個人的には、坂本龍一が頭を過らないようなArcaを今後は期待したい。





Being Japanesque as “Zen”

In Japan, Arca’s debut album is described as something of a “shocking surprise ever since Aphex Twin’s debut”. I am aware that many reviews are already being written by many people, so I would write something based on my personal point of view. But, before that, I would like to mention that I have purchased a Rough Trade Exclusive version album which comes with exclusive bonus CD. This bonus CD consists of Arca’s mix, “&&&&&” which is the music used in his art performance collaborating with Jessie Kanda in October, 2013 at MoMa, New York. I have expected of some other fresh mix for this bonus CD, but I am quite satisfied in obtaining this mix physically.

Now, let me talk about the album “Xen”. Arca says that the title of the album stands for some unknown existence which is “repulsive and attractive at once”, but from a Japanese point of view, I am guessing that “Xen” could have been taken from the word “Zen(Japanese)” since many of the tracks in the album sound pretty much Japanesque. It is true that overall of it are filled with crystal-scratching synth sounds flying all over in a deforming and rugged pitch black space, thus making his music sound unique. However, I am liable to imagine that some tracks are Ryuichi Sakamoto-ish, and in many parts, I hear sounds that could have been derived from sounds of Koto (a Japanese fiddle). The opener of the album, “Now You Know” starts with a typical Koto sound and has a cyber space atmosphere which reminds me of “Intro” of Logic System’s (an Electro project of Hideki Matsutake, a computer programming crew of Yellow Magic Orchestra) album, “Logic”. And “Family Violence” definitely reminds me of “Rain (I Want a Divorce)” from the Oscar winning soundtrack of “The Last Emperor” by Ryuichi Sakamoto ( I am aware that this track of Sakamoto is favored much in the western world, and it is quite interesting to find it being used even in Shut Up And Dance’s track of Break Beats. You can hear “Green Man” in their album’s link below, as an example). So it becomes for me that even other tracks like “Held Apart”, “Sad Bitch”, and “Failed” sound like Sakamoto, and it is more obvious in one part of “&&&&&”, where it sounds exactly like Sakamoto playing a toy piano.

However, I should admit that Arca is gifted enough for letting out such an impact of uniqueness, without even depending on any of those Japanesque aspects, and excels our imaginations of how a new music style would sound like. “Xen” is a marvelous track in which Hip Hop and Industrial factors mix up in a garbage dump from which Fairlight shrieks rise up to the dark sky. In “Sisters”, I hear chirpings of bird-androids made of crystals and titanium, and little rubber duckie toy squeaks in the Dark Matter of the Universe in “Lonely Thugg”. Some other tracks sound like Burial’s darkness assisted by Shakuhachi (a Japanese traditional bamboo flute) sounds echoing, and Squarepusher going violent together with Koto sounds. There will be no doubt that Arca’s next works will be more surprising, but I only hope that those would not sound like Sakamoto any more.

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR