FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Burnt Friedman w/ Daniel Dodo-Ellis / Cease to Matter

Burnt Friedman w/ Daniel Dodo-Ellis / Cease to Matter burntgraph.jpg
Release Date; September, 2014


ディストピア音楽

ジャンルで区切ってしまうと、エレクトロニカやダブ、ジャズと言った辺りでエクスペリメンタルな取り組みを絶えず行っているという印象のあるミュージシャンのBurnt Friedeman。これまでも、David SylvianやAtom Heartとのプロジェクトで活躍し、CanのJaki Liebezeitとの「Secret Rhythms」シリーズが好きな人も多いと思う。今作は過去にも共演しているヴォーカリストを迎え、アルバムの中で歌われる歌詞の歌詞カードまでをもアルバムに添えて、リテラルなコンセプトを比較的強く打ち出した作品となっている。

アルバムは雨が降るような音から始まり、淡々とした歌詞の朗読で幕を開ける。
「放置された動物実験用迷路のネズミが」「日常の時間からワープするかのように」
Burnt Friedmanは、Jaki Liebezeitに出会ってから、当たり前のようにとらえられている西洋的な音楽のリズムの概念(それはロックや、ジャズにあるような)から逃れる挑戦を続けているらしいが、だからと言って、それがエスニックやアフロという範疇にとどまっているわけではないということが、この1曲目からもわかる。ここで使われる音色にしても、実に様々な民族楽器を想起させるものから、エレクトロニクス由来のロボットの声的なものや、おもちゃのピアノ的なものまで色々だ。鍵となるのは、アルバムのクレジットにオルダス・ハクスリーのSFディストピア小説「すばらしい新世界」から「Skies are blue inside of you(君<瓶>の中で空は青い)」という言葉が引用されているということと、アルメニア(当時ロシア領)の思想家ゲオルギィ・グルジエフのピアノ演奏曲がサンプリングされているということが、あえて記載されているということ。「すばらしい新世界」が本質を知らされないままに感じる心地よい統治的未来世界の象徴なら、それはほんの序の口で、アルバムのタイトル曲である「Cease to Matter(たいした意味を持たなくなる)」では、人間の生死の本質とビッグバン、つまりは宇宙の発祥の問題をつなげるような歌詞が唄われ、グルジエフによるレクイエムのようなピアノも流れ、それはまるで世界の本質について問いかけをしているかのようだ。アルバムの多くの曲はグルジエフの宇宙論にあるような「内転」と「外転」の思想を連想させ、「内へ向かう力(光)」「外へ向かう力(光)」を意識させ、結局のところどちらに転んでもいいや…という気持ちにさせられる。多層に渡るシンボリズムを散りばめたこのアルバムは、やはり「意味の無意味さ」のショーケースのようなものなのかもしれない。





Music of Dystopia

Talking in terms of categories, Burnt Friedman is often referred to as a musician having an experimental approach, and standing somewhere around Electronica, Dub, or Jazz. He is known for some projects with David Sylvian (ex. Japan) and Atom Heart; and many should know him for “Secret Rhythm” series that have been created with Jaki Liebezeit of Can. In this album, he works again with the vocalist whom had parts in his past albums, and also has some lyrics printed in the album’s card; thus making it pretty much literally conceptual compared with most of his past pieces.

The album starts with rain falling sounds followed by an impassive narrative:
‘Warped out of its normal time / like rats in some sort of abandoned testmaze’
It is known that since working with Jaki Liebezeit, Burnt Friedman is constantly trying to free his music from the Western rhythm patterns – such found in Rock and Jazz – and this track lets us understand that his music does not limit its rhythm to pound merely like Ethno or Afro. Moreover, timbres found in the album are of traditional instruments of such a variety, and of electronic robot voices or toy piano sounds. While the essential key to this album is the fact that these two points: 1) ‘Skies are blue inside of you’ is quoted from Aldous Huxley’s Sci-Fi dystopia, “Brave New World”, and 2) a piano phrase played by an Armenian (ex-Russian territory) philosopher, George Ivanovich Gurdjieff is being sampled in tracks are particularly written out as its credits. “Brave New World” could symbolize a comfortable and well ruled futuristic world where characters of the novel would not be told what the real nature would be like, but that would only be an opening of the album. In the self-titled track of the album, the lyric links the core query dealing with mankind’s death and birth with the happening of the Big Bang – which is the beginning of the universe, and the piano by Gurdjieff sounds like a requiem, so to make the track sound like questioning the real nature of the universe. Also, many of the tracks remind me of Gurdjieff’s concept of ‘Involution’ and ‘Evolution’ which are referred to in his cosmology, so in effect, makes me be aware of this concept of an ‘inward power (light)’ vs an ‘outward power (light)’. However, after all, that all start to look fine, either way for me; in other words they all ‘cease to matter’. Due to it being elaborate on multi-layered symbolism, I now feel that this album is a kind of a show case of ‘Meaninglessness of Meanings’.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。