スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lee Bannon / Alternate/Endings (2014)

Lee Bannon / Alternate/Endings (2014) leebannongraph.jpg
Released Date: January, 2014


Bent愛

実は、このアルバムが好きだ。普通の解釈であれば、ジャングル及びドラムン、はたまたジューク/フットワーク的な片鱗も見せ、繊細なメロディ感が特徴的なLee Bannonだが、どうしても、他のレビューなどでは書いていないことにちょっと触れたいと思っている。

まず、このアルバムのタイトルは「Alternate/Endings」で、ふたつの言葉の間に「/」を入れた表記となっている。また、アルバムに収録の曲のいくつかも同じようなルールでの表記になっている。個人的に、まずこれが、どこかで見たことのある感じだった。そして、アルバムに収録の「Bent/Sequence」のなんとも言えない切ない雰囲気が好きで心に残っていた。でも、その曲のタイトルにある「Bent」という言葉に若干の違和感があって色々と考えているうちにピンと来たのが、2000年代に活躍していたイギリス、ノッティンガムのエレクトロニカ系バンドのBent!そして、そのひらめきはLee Bannonによる、あるミックスを聴いて確信に変わった。そのミックスでは、確かにBentの素晴らしくメランコリックな曲「Swollen」がプレイされていた!更に、曲のタイトルで言葉の間に「/」を入れるのも、Bentのデビューアルバム「Programmed to Love」の中の曲と同じような表記であるという事実も記憶に蘇って来た!

Bentといえば、あらゆる曲の音をサンプリングしたことで有名なレフトフィールドなバンドだが、Lee Bannonによって2000年代より更にズタズタに切り刻まれたドラムンの世界に、Bentのメランコリィが練り込まれているように思うと、ちょっとワクワクするものがある。だから、このアルバムが好きだということで…すみません。





LUV 4 BENT

To tell you the truth, I like this album. In general understanding, Lee Bannon could be described as a Drum & Bass /Jungle producer having a slight influence from Juke/ Footwork, who creates music characteristic of delicate melodies. However, I would like to mention on one thing that not most of music reviews have picked up yet.

The album’s title is “Alternate / Endings”, and you can find that two words are being divided by a ‘/’ sign; and titles of some tracks in the album are also written in the same format as this. This ‘word / word’ format made me recall of something in my memory. Also, the melancholic taste of the track, “Bent / Sequence” impressed me well that it stuck to my mind for some time. Moreover, I started to wonder about the word ‘Bent’ that is being used in the track’s title; it is quite odd to use such a word in a title, isn’t it? Then came up to my mind was an Electronica band called Bent (from Nottingham, England) who have been active during the 2000’s. After getting this click, I got this opportunity of hearing one of Lee Bannon’s mixes which made me confident that my insight was right. Yes, he is playing Bent’s beautiful track of melancholy, “Swollen” in his mix! Moreover, I found out that the ‘word / word’ format which is being applied to some tracks’ titles in the album is also found in Bent’s tracks in the album, “Programmed to Love”.

Bent is quite known as a Leftfield band who have sampled numbers of recorded materials of others in their music, and it is quite exciting to find that their melancholic tone is being kneaded into Lee Bannon’s Drum & Bass tracks which are the music far more chopped up compared to their music in the 2000’s. That is why I like this album.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。