FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aphex Twin / Computer Controlled Acoustic Instruments Pt.2

Aphex Twin / Computer Controlled Acoustic Instruments Pt.2 aphexgraph.jpg
Release Date: January, 2014


14年間

「Syro」のときはあまりの大騒ぎだったので、ブログに感想をとやかく書かなかった。ただ、あのアルバムを聴いて誰もが確信したことはきっと、たとえ13年のブランクがあったとしても彼の才能の光は消えていなかったということだろう。かつて一世を風靡したアーティストが長いブランクを経て曲を出しても、それが昔の栄光に毛が生えたようなものに過ぎなかったというケースはいくらでも見たことがある。しかし、Aphex Twinの「Syro」の場合、彼独特の音楽世界は複雑さを増し、その情報量も増え、更には、より猥褻な仕上がりに昇華され、現代的な音楽の域に量子飛躍をしたような作品となった。そして、そのアルバムから4か月が過ぎて出されたこのEPをどうとらえるべきか…?

まず言えることは、EPなりに短い曲が多数を占めているということと、ジャケットの色も黒いし、「Syro」のようにキラキラした曲は、あまり収録されていないということ。そして、アルバムの1曲目の「diskhat ALL prepared1mixed 13」からは、タイトルにもあるように、プリペアド・ピアノの音が響き出し、それはこのEP全体の質感を支配しはじめる。「disk prep calrec2 barn dance [slo]」は長めの曲だが、オリエンタルなダンス音楽のようにも聴こえ、「Diskprept1」はほんのりと漂うメランコリーが14年前にリリースされたアルバム「drukqs」に収録されていてもおかしくないような雰囲気の曲だ。

いくつかのレヴューでは、多分、「drukqs」以降、出しそびれていたEPがこのタイミングで出されたのではないか、と言われてしまうかも知れない。でも、「Syro」のような飛躍をみた作品が既に出されている以上、この後、14年間の空白を埋めるように、その間に出しそびれていたような作品が仮にリリースされたとしても、あまり文句を言う人はいないと思う。





14 Years

I had my mouth shut when “Syro” was being released, because there were too many people talking about it at that time. Yet, I am sure that everyone will agree that his brilliance has never ceased even after thirteen years of quiescence. It is common that an artist, once being at a high point of popularity, could come back after a long period of inactive years, but with a song which is merely a bit better version of the best of his past. However, in the case of Aphex Twin’s “Syro”, it seems like that his unique musical dimension has been enriched in respect of the amount of information and its complexity, and is even being sublimated to some extent of sexiness, thus enabling a quantum leap to take place, as to make his music reach the present trend. And four months have passed after this album’s release. And what would we expect from this new EP, “Computer Controlled Acoustic Instruments Pt.2” ?

Firstly, by it being released as an EP, many of the tracks included here are of short tracks, and the cover is dark in color as if indicating that none of the tracks are like glittering tracks such as found in “Syro”. As it may be expected from its title, much could be heard from a prepared piano in the opener track “diskhat ALL prepared1mixed 13”, so does the whole mood of the EP seem to be under the influence of the instrument’s sound. A rather long track, “disk prep calrec2 barn dance [slo]” sounds like a dance music with an oriental flavor, and “Diskprept1” is a slightly melancholic track that sounds like it should have been included in the album “drukqs” which has been released 14 years ago.

There might be a possibility that some reviews would start saying that this may be an EP that had missed a chance to be released after “drukqs”. However, given that an album of such a leap as “Syro” has already being released, I would think that no one will give a fuss even though the old tracks kept in his back door are being released from here on, only if such is done to fill in the blank 14 years of Aphex Twin.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。