スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍一・Ryuichi Sakamoto / 左うでの夢(2015年リマスター盤/Remastered Version)

坂本龍一・Ryuichi Sakamoto / 左うでの夢(2015年リマスター盤/Remastered Version) sakamotograph.jpg
Released Date: January, 2015


光は、より澄んだ白

日本では、言わずと知れたY.M.O.のメンバーであり、国際的にはアカデミー賞受賞作曲家として知られる坂本龍一の3枚目のソロアルバム(海外では、このうち4曲が「The Arrangement」の曲と差し替わった状態の「Left Handed Dream」by Ryuichi Sakamoto featuring Robin Scott(「Pop Muzik」のMのメンバーとしても知られる)として発売されている)の最新リマスター盤。このアルバムのリマスター盤は過去にも発売になっているが、今回はSHIM-CDという高音質CDとしての発売という以外に、インストゥルメンタル盤をディスク2として同梱しているのが特徴だ。元々このアルバムは1981年にアナログレコードで発売になったが、オリジナルの録音自体はデジタルで行われたらしい。それが、まだCDも登場していない時代にアナログレコード用にEQ処理などがなされてから発売されたとのこと。今回のリマスター盤でも、ディスク1については、アナログ用に作られたマスターが使われているが、ディスク2については、アナログ用にEQ処理がなされていないマスターが使われたらしい。それにしても、マニアなレベルでしか、それらの音質の差はわからないだろうというのが本音だ。

とはいえ、個人的には、当初発売されたアナログレコードの音の印象が強く残っていて、それとリマスター盤を比べてみて感じたことは、単に音のクリアさの違いというよりは、アルバムが作り上げる世界の中の光度や湿度の違いとでも言うべきか…。アルバムジャケットも白を基調としたエスニックな雰囲気で、太陽光の中に煙る呪術的なエーテルを感じさせるような音楽が、うまくマッチしているように思えたのを覚えている。ただ、それは、アナログ盤の世界でのことで、CDのリマスター盤になって感じるのは、そこで差していた太陽光が以前より明るくなったことと、その場を漂っていた乳白色の霧が少しクリーンなミストのようになったということ。あと、ほぼ即興のような形で作られた各楽曲で演奏される楽器の音などがミストの隙間から顔を出しているのも、このリマスター盤の良さと言えよう。個人的に好きなのは、東南アジアな雰囲気を持つ曲の「Slat Dance」で、蝋燭の灯だけが揺れる薄暗い部屋の奥でカップルがゆっくりダンスをしているなか、海月のような電子の泡が足元から天井へと昇って行くような様子がより立体的に目に浮かぶ感じになったことだ。そして、教授のヴォーカルもぶっきらぼうというよりは、案外、頑張って唄っている感じなのがよく聞き取れる。そして、そのヴォーカルを除いたインストゥルメンタル盤のディスク2はというと…、最近Flying Lotusがオリジナル盤とは別に出したインストゥルメンタル盤のような感じのものなのかと期待して聴いてが、予想以上にカラオケ的なものになっていて、ちょっと残念に思えた。もちろん、それは、インストゥルメンタル盤として出すつもりで残されていたマスターではないので、仕方のないことではあるが、「The Arrangements」の「Just About Enough」を聴いた後に「左うでの夢」の(「Just About Enough」のオフ・ヴォーカル・バージョンとも言える)「Relâché」を聴いても、そういう感じはしないので…。とはいえ、3月には、未発表曲も含む「音楽図鑑デラックス盤」も出るので、教授が早く元気になられることを祈りつつ、その発売も楽しみにしたいと思う。





The Light of Clearer White

This is the latest remastered version of “左うでの夢” (known as “Left Handed Dream” / Ryuichi Sakamoto featuring Robin Scott (a.k.a. M of “Pop Muzik”) –except, some tracks are being exchanged with the tracks in “The Arrangement”, in most of the countries outside Japan), the third solo album of Ryuichi Sakamoto, who is known well in Japan as a member of a Techno Pop group, Yellow Magic Orchestra, and also known widely as an Oscar winning composer. This is not for the first time that the album has been remastered for CDs, but it is different firstly, in the sense that it is being pressed in SHIM-CD (Super High Material CD) so to provide it with a better sound quality and secondly, for having an instrumental version CD added to it as an extra. The album has been released in 1981 originally, in vinyl LPs, but it is said that all of the recordings had been done digitally. At that time, Sakamoto had no way of releasing it in CDs yet, so the digital master tape has been EQ processed as to be pressed to vinyl records. Disc 1 of the album is the remastered version of this EQ processed master, but Disc 2 (which is the instrumental version of the album) is the remastered version of the non-processed master. So would they sound different anyway? I guess Skamoto buffs would be the only ones who would care much about it.

In this album’s case, I am more used to the sound played in a record format, so if I compare the impression of it with the remastered CD version, I would say that there are some differences not quite simply in terms of the soundscape’s clearness, but in terms of brightness and humidity of the atmosphere that exist in the album. The album’s cover art basically looks white in color, and has some ethnic tastes, which match well with the music’s atmosphere in which solar rays shine down and sorcerous smoke dwells within them. Such atmosphere is what I find in the case of old record version, and the impression changes in the remastered version, where I find the sun light getting much brighter and the dwelling fog changing into some clean mist-like ether. It is known that most of the tracks in the album have been created impromptu by various types of instruments, and it is amusing to find such instruments’ sounds peeping out through the mist filling the atmosphere in this version. “Slat Dance”, a Southeast Asian taste track makes me see an image of a couple dancing slowly at the end of the room being lit only by a candle light, while jellyfish-like electronic bubbles swim upwards in that room; and this image becomes vivid when listening to the remastered CD. Also, Sakamoto’s singing voice does not sound blunt as it does in the original version; he rather turns out like he is struggling very hard to sing well in the remastered version. And talking about the second Disc which is the off-vocal version of the album, I have expected it to be somewhat like that of Flying Lotus’ Instrumental version of “You’re Dead!”. However, disappointingly enough, it merely sounds like a Karaoke version of the original. Given that the master tape of it had not been created for an official release in the first place, I guess I should not fuss much about it (But still, “Relâché” of this album which is apparently an off-vocal version of “Just About Enough” from the album, “The Arrangement” (featuring Robin Scott) does not sound so much like a Karaoke, so it is a bit disappointing). So now, let us look forward for his another expected release of the remastered solo album, “音楽図鑑” (known internationally as “Illustrated Musical Encyclopedia”) which may include some of unheard materials. And let us also pray for his early recovery from the cancer he has in his throat.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。