スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Darkside / Psychic (2013)

Darkside / Psychic (2013) darksidegraph.jpg
Released Date: October, 2013


霊界からのギター・サウンド

個人的にはNicolas Jaarのノイジーで気だるく、サイケなエクスペリメンタル音楽が好きなのだが、彼がツアーバンドのメンバーでもあったDave HarringtonとDarksideを結成したときは、その音楽がギターをかなでるエレクトロニカ・ポップの印象だったので少し敬遠していた。だが、それでも、Daft Punkの「Random Access Memories」のリミックス音源をDaftside名義でリリースするなどし、何かと話題になっているようなので、アルバムを聴いてみた。このユニットは2013年にアルバムをリリースし、その1年後には活動を休止しているが、Nicolas Jaarの音楽活動のバリエーションのひとつとして思えば、記憶に残しておいても良いユニットだと、今では思う。

アルバム1曲目の「Golden Arrow」は、Nicolas Jaar特有のムードの曲で、まるで、夢遊病者のように森の中を彷徨い、意識が朦朧とするような世界観が広がるが、途中でギターが嘶き、甲高い声のヴォーカルが世界を一変させる。次の「Sitra」はエスニックな霧を感じさせる短い曲だが、ここから「Heart」というブルージーなギター音楽へと移行して行く流れがこのアルバムの不思議さを象徴しているかのようでもある。続く「Paper Trails」でも、Nicolas Jaar節が炸裂するも、哀愁ギターは健在で、まるで人気のないパブでウィスキーを飲んでいるような気分になる。不気味なヴォーカルとサイケなギターが中盤で妙な盛り上げを見せるのが「The Only Shrine I’ve Seen」で、後半にJames Blakeの幽霊が霊界でうめいているようなヴォーカルも登場する。「Freak, Go Home」は個人的には一番好きな曲で、サイバー世界の幽霊バンドが演奏するロック・ミュージックのようだ。アルバム終盤の「Greek Light」と「Metatron」では、相変わらず物憂げな世界で泣きギターと共にJames Blake的なヴォーカルが嘶き、このアルバムのテイストをまとめあげている。

アルバム全体を通して聴くと、その世界観はNicolas Jaar的ではあっても、やはりギターサウンドがミスマッチだと感じてしまう。ただ、それでも、全体の霊界のような浮遊感と不気味さの中にフッと、立ち上がるロック、もしくはブルースの感触が、日常と非日常の境界線の曖昧さを表現しているようで、妙にクセになるのも事実だ。








Ghosts Playing Guitars

I like Nicolas Jaar’s music for it is noisy, languid, psychedelic, and for being experimental in its approach. However, when he has created Darkside with Dave Harrington, who had been a band member in Jaar’s tours, I kind of stood away from listening to their music, for it sounded pretty much like a Pop oriented Electronica for me. Then their remix works of Daft Punk’s “Random Access Memories” released under the name, Daftside came to an attention; and so made me decide to listen to their album, “Psychic”. The album has been released in 2013, but the duo has announced an end to the collaboration after a year from its release. And now, I would say that it is not bad to remember about the duo, if I would think it as one form of a variation of Jaar’s musical exploration.

The album’s opener, “Golden Arrow” starts with a characteristic Jaar-mood phase which makes me feel like sleepwalking in a forest, also blurring my consciousness, but suddenly a neighing of a guitar breaks in followed by a high-pitched vocal, which turns the atmosphere flip to some other ground. The following track, “Sitra” is a short track veiled with an ethnic fog, but is being followed by “Heart”, a track that flows like a music of a Bluesy guitar. And at this point of shift, the album already starts to sound strange and incoherent. “Paper Trails” coming next, sounds pretty much of a Jaar’s taste, but there still comes a melancholic sound of a guitar, and makes me feel like drinking in an old pub. In “The Only Shrine I’ve Seen”, an eerie singing voice and a psychedelic guitar sound resonate strangely, until James Blake’s poltergeist starts to moan in his spiritual dimension. “Freak, Go Home” is my favorite track in which a band of phantoms in a cyber space plays their Rock music. “Greek Light” and “Metatron” are the tracks that sum up the album with a gloomy atmosphere created by weeping guitar sounds and singing voices sounding like neighing James Blake.

The album as a whole is very much of a Jaar’s taste, but it cannot be denied that guitar parts do not match well with it. However, in some instances when you feel Rock or Blues aspects rise up within the eerie and floating atmosphere created in the album’s psychic world, you will realize that the boundary between an ordinary world and a non-ordinary world gets ambiguous; and that is the part what fancies me much about the album.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。