スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pan Sonic / OKSASTUS Live in Ukraine

Pan Sonic / OKSASTUS Live in Ukraine oksastusgraph.jpg
Release Date: February, 2014


ウクライナに捧ぐ

ほぼ、1年前の2月18日にウクライナでは、反体制運動が激化し、2月22日には当時の大統領が解任となった。2009年にウクライナで行われたPan Sonic(Mika VainioとIlpo Väisänen a.k.a. Angelによる)のライブ音源を収録したアルバムは、ホワイトヴァイナルの限定盤として、ちょうどその頃の2月20日、まさに、ウクライナ政変の激動の真っただ中に発売されたというわけだ。そして、先日、ウクライナ軍と親ロシア派武装勢力の停戦合意が実現したが、今後の情勢は不透明なまま。そこで、改めて、このアルバムについて思いをはせてみたいと思う。

Pan Sonicは2010年にリリースされた「Gravitoni」を最後に同ユニット名での活動を終了させている。彼らがウクライナでライブを行ったのは2009年6月で、この「Gravitoni」がレコーディングされた時期にかなり近い時期だったということになる。個人的に「Gravitoni」自体には、それまでのPan Sonicに見られた攻撃性を強く感じなかったのだが、このライブアルバムに収録されているのは、張り詰めたミニマルに即興が攻撃を加え、規律と混沌が混在するライブ音像だ。幕開けの曲から、チェーンソーでできたタイヤを持つ車がエンジンをふかしながら暴走し、ジャリジャリとアスファルトのクラックル音がする。個人的に好きなのは、「4’41”」(各曲には、その曲の長さを表す時間がタイトルとしてつけられている)で、電磁束のビリビリする音が空間を立体的に断裁し、狂気的なピッチの高さの電流音が差し込む。

本アルバムのタイトル「Oksastus」はフィンランド語で「接ぎ木」「(畑)を耕す」の意味がある。このアルバムがリリースされた当時のウクライナの状況と照らし合わせると、やはり何かが変化するという意味付けで、このようにアルバムが名付けられたのではないかと思ってしまう。くしくも、Pan sonicにとっても終焉と変化が訪れようとしていた時期のライブ音源ということもあり、その破壊のノイズは変化を求めるウクライナに捧げられるべく、1年前の政変時にリリースされたのかも知れない。








For Ukraine

It is almost a year ago, on February 18, when protests against the government of Ukraine had become violent, then being followed by the resignation of the former president on February 22. The recording of Pan Sonic’s (Mika Vainio & Ilpo Väisänen a.k.a. Angel) live at Ukraine in 2009 has been released in a limited edition white vinyl on the same year’s February 20, which would be the date right in midst of the violence of the Euromaidan revolution (or the Ukrainian revolution). Despite of the truce agreement made a few days ago, the conflicting situation still seems to be unsettled. So I have decided to mention about this live album by Pan Sonic at this timing.

Pan Sonic is said to have ended their collaboration by releasing “Gravitoni” as their final album in 2010. They have played in Ukraine on June, 2009, and timeline-wise, that is close to their recording period of “Gravitoni”. I personally find less aggressiveness in “Gravitoni” when compared with Pan Sonic’s past records, but in this live performance, I find impromptu attacks are being made on their tense Minimal music in which discipline and chaos coexist. The opener track makes bursting engine noises of automobiles with chainsaw wheels, and I can hear crackling sounds of scratched pavements. My favorite is “4’41”” (tracks in the album are all titled by their time length) in which electro-magnetic flux lacerates the space three dimensionally, then followed by high pitched screams of electricity that sting in to your ears.

The album’s title, “Oksastus” is a Finnish word meaning ‘grafting’ or ‘cultivation’. Thinking about this meaning and recalling that this album has been released at the very moment of the upheaval in Ukraine, I tend to think that the album has been titled as so to imply that some kind of a change is going to happen in this country. Strangely enough, Pan Sonic of that time, when they have played in Ukraine, was about to end themselves for a change to take place; and it appears to me that their noisy music of destruction has been put to a release as a dedication to Ukrainian people seeking for a change to come.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。