スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Model 500 / Digital Solutions

model500.jpg model500graph.jpg
Release Date: February, 2015


エレクトロ愛

デトロイト・テクノのオリジネイターと誰もが呼ぶModel 500。同名義では、実に16年ぶりのアルバムのリリースとなる。確かに、Model 500のJuan Atkinsがデトロイトの地で、ファンクのクラフトワーク化を実現した当初は、アフリカ・バンバータがクラフトワークの「ヨーロッパ特急」を組み込んだ「Planet Rock」でヒップホップを打ち出した流れを更に広げるものに映ったのは事実だ。誰もが知るように、これにDerrick Mayも加わり、デトロイト・テクノがひとつのエレクトロニック・ミュージックのジャンルとして確立することになった。ただ、Model 500であれ、Derrick Mayであれ、オリジネイターが発信し続ける音楽は、やはり誰にも真似できないくらい彼ら独特の特徴を持ち続け、昔のデトロイト・テクノの焼き直しのような古臭さも感じさせず、むしろ多種多様なものを栄養にしたパワーあふれるものであり続けている。今回リリースのModel 500のアルバムを聴くと、そのようにつくづく感じる。

アルバムのどの曲を取っても、Model 500にしか聴こえない、彼らならではのエレクトロ感が、その主張をやめない。それでいて、デトロイト・テクノの枠組みのみにとらわれることはなく、多方面の音楽要素を活用することをむしろ楽しみながら作られたかのような曲が並ぶ。幕開けはバナナラマの「ヴィーナス」(1986年)的なディスコ・ビートで始まる「HI NRG」で、オリエンタル風味ながらModel 500ならではのエレクトロ・メロディが絡まって来るキャッチーな曲だ。続く「Electric Night」はDaft Punk的な切ないエレクトロニック・ヴォーカルが漂うムーディーな仕上がりで、3曲目の「Standing in Tomorrow」はその空気感が高橋幸宏の「Curtains」のようで、とても美しく、ぜひ、日本のYMOファンに聴いてもらいたい1曲だ。続く「Encounter」もエレクトロがダブステを支配しているような曲で、「Groove」も文字通りエレクトロ・グルーヴの曲でありながらギターが嘶くという展開をみせる。「Station」もダブが心地よく絡むアトモスフェリックな曲でありながら、Model 500流のエレクトロな躍動感は揺るぎない。アルバムのタイトル曲の「Digital Solutions」では、クラフトワーク的なセオリーが散りばめられていて、続く「Control」はModel 500の名曲「No UFO’s」を彷彿とさせるものがあり、いずれも懐かしさをかき立てる。ただ、懐かしさだけで済まないのが、このアルバムのすごいところだ。デトロイト・テクノ以降、エレクトロニック・ミュージックはあらゆる方向へと細分化され、発展したが、このアルバムはそれら後続者全てを凌駕するだけのエレクトロ愛に満ちた作品となっている。








Love for Electro

As everyone may know, Model 500 is one of the originators of Detroit Techno. Their album is being released for the first time in 16 years. When Juan Atkins of Model 500 of Detroit has transformed Funk music into Kraftwerk-like Electro music, this indeed appeared to me like an evolution originating from Afrika Bambaataa’s “Planet Rock” which has been created by implementing Kraftwerk’s “Trans Europe Express” into his Breakbeats, and is known widely as the kick start of the Hip Hop culture. Also, it is well known that Derrick May too has taken some parts then, for Detroit Techno to establish its position in the world of Electronic music. Yet the music of the two originators, Model 500 and Derrick May is always inimitably characteristic respectively, and also does not stay being a mere alteration of old Detroit Techno; it rather gets more powerful by absorbing various types of music today. By listening to this album by Model 500, I have started to think as so quite strongly.

Just take any track in the album, every one of them will sound nothing else but like Model 500, the tracks that will never stop beeping the characteristic Electro vibe. However, none of them are limited to dwell within Detroit Techno’s field, and it seems as if Model 500 is having fun utilizing factors of various music styles to create their music. “HI NRG” is an amusing opener track that starts with Disco beats resembling to those of Bananarama’s “Venus” (1986), and a characteristic Model 500 melody of a slightly oriental flavor entwines them. The following track, “Electric Night” is a moody track featuring a Daft Punk-like electronic vocal singing melancholically. “Standing in Tomorrow” is the track that I would recommend to Japanese fans of Yellow Magic Orchestra, for it has a similar atmosphere as Yukihiro Takahashi’s (a member of Yellow Magic Orchestra) “Curtains”. “Encounter” is a track in which Electro eats up DubTechno, and “Groove” is a groovy Electro track accompanied by whining guitar sounds. Despite of its atmospheric mood created by luscious Dub echoes, Electro kicks make it sound so much like Model 500 in “Station”. I find handful of Kraftwerk’s aspects in the album-titled track, “Digital Solutions”, and in “Control”, I see shades of “No UFO’s”, which is one of their distinguishing tracks. It is true that many of such tracks remind me of the good old Electro music, but I would not say that the album is just filled up with sweet old Electro memories. Ever since the time when Detroit Techno has appeared to the scene, Electronic music continues to develop by being subdivided into various music styles. And what makes this album outstanding is the fact that its music outstrips all of such emerged ones, for Model 500’s love for Electro is far too profound.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。