fc2ブログ

Oliver Lieb / Inside Voices (2014)

Oliver Lieb / Inside Voices oliverliebgraph.jpg
Release Date: July, 2014


トランスの辿り着く果て

ドイツ人のプロデューサー/DJのOliver Liebは80年代の終わりからMobyやUtah Saints、Human Leagueなどのリミックスを手掛けたことでも知られ、90年代初頭にHarthouseレーベルからSpicelabとして、いくつかのアルバムを出している。このように書いてしまうと、どうしてもトランスやハウスのイメージを彼に対してもってしまうかも知れないが、Oliver Lieb名義ではアンビエントな作品が多く、最近では、2013年に亡くなったPete Namlookのトリビュート盤にも参加をしていて、本アルバムもアイルランドのPsychonavigationというアンビエント系のレーベルからのリリースとなっている。

アルバムの1曲目、「Surface Tension Pt.1」は、月かどこかの惑星の上で乾いた砂のようなものがザラザラと舞うような音で始まり、次第にGlobal Communicationの「76:14」のような、ゆったりとしたベースがディープに展開していく曲だ。続く「Surface Tension Pt.2」の中でも、このディープな振動を背骨に感じることができる。アルバム全体としては、このようにニューエイジ・ミュージック的な曲が続くことになるが、ほとんどの曲の中で、時計の秒針の音のようなマイクロ・ビートが聴く側の無意識に潜り込み、リズムを刻んでいくのが特徴的だ。更にいくつかの曲にはOliver Liebがこれまでに経験したトランスやハウスのエッセンスも散りばめられていて、単なるニューエイジ・ミュージックとは少し違うという楽しさがある。「The Inner Core」は、夢の中のどこか遠くの彼方で中国人が優しく弦楽器をつまびくオリエンタルな香りがし、「Dreamfields」の後半ではレゲエのようなグルーヴ感が生まれ、電子の霧が世界を洗い流すような展開になる。深海からゆっくりと大きな泡が浮上する「Spooky Action at a Distance」では、ギターの音が羽衣のようにうねり、「Self-Aware Universe」ではオリエンタルなベルの音が耳鳴りのように響き、ゴムがキュルキュルと擦れるような不快な音が緊迫感を高める。「Inside Voices Pt.1」では、これまでの瞑想的な世界とは対照的に、割れたシンセ音がサイレンのように鳴り響き、「Inside Voices Pt.2」では、これまでよりも更に深い底からのベース音が湧き上がり、しまいには、無数の機械音が頭を圧迫するような感じになって消えていく。

簡単に言えば、このアルバムはニューエイジ・ミュージック・アルバムかも知れないが、個人的には、Oliver Liebだからこそのトランスやハウスの要素が加わったことにより、一味違ったクリエイティブな作品に仕上がっているのではないかと思っている。ただ、元々トランスとアンビエントはニューエイジ・ミュージックという桃源郷に合流しやすい音楽とも言えそうなので、この作品もきっとそういった道を歩んでここまで来たのは間違いないことなのだろう。








Where Trance Music Reaches Up To

Oliver Lieb is a German producer / DJ known for remixes done for various artists such as Moby, Utah Saints, Human League, etc. in the 80’s, and also known as Spicelab (few records have been released from Harthouse in the 90’s). From such history, many might tend to think of him as a Trance or House music producer, but most of his works done under the alias of Oliver Lieb may well be included in an Ambient music category. As Oliver Lieb, he has worked on Pete Namlook’s tribute album in 2013, and this album, “Inside Voices” is being released from Ireland’s Ambient label, Psychonavigation.

The opener track of the album, “Surface Tension Pt.1” comes in with sounds of dry sand particles flying in the atmosphere of a moon or a planet somewhere in the universe, and then a deep bass sound that reminds me of Global Communication’s “76:14” gradually starts to billow within it. This deepness continues to vibrate in your spines in the following track, “Surface Tension Pt.2”. The album as a whole is filled with such kind of New Age oriented tracks, but most of them are characteristic for they make you feel the rhythm of the music slip in to your unconsciousness by allowing micro-beats click like a second hand ticking on your watch. Moreover, it is also amusing to find that essences of Trance and House music (the music well experienced by him) are being merged well in to some of the tracks. “The Inner Core” is a dreamy track in which a Chinese string instrument is being played gently, and a Reggae groove starts to evolve in the last half of “Dreamfields” which then would be washed away by looming electronic fog. In “Spooky Action at a Distance”, big bubbles rise up from the depth of the sea water, until a guitar starts to whine like dancing strips of silk. Bells of orients ring in your ears, and rubbers squeak obnoxiously in “Self-Aware Universe”. You will finally be disconnected from the album’s meditative atmosphere as the track, “Inside Voices Pt.1” starts with crackling synth sounds that whir like sirens. The bass sound in “Inside Voices Pt.2” boosts up from the deepest underground, and then ceases as innumerable machinery sounds swarm around your head.

In short, this album could be categorized in to a New Age music genre, but I personally think that the album sounds more creative than that, for I can see Trance and House music factors -emerging from Oliver Lieb’s past experiences- are well being applied to its music. And given that Trance music and Ambient music both tend to flow in together to the destination, Shangri-La i.e. New Age music, it may be said that this album may have come to this by following the same such flow.


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Carl Craig/Detroit Love Vol.2
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR