FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Melchior Productions Ltd / Meditations 1-6

Melchior Productions Ltd / Meditations 1-6 melchiorgraph.jpg
Release Date: February, 2015


インナースペースへとつながるミニマル・テクノ

Melchior Productions LtdことThomas Melchiorはドイツ出身で、当初はジャズやファンク周辺のバンドなどで活躍していた。90年代初頭になりOhm名義でジャズやファンクの要素をエレクトロニクスに巻き込み、レフトフィールドな作品をリリース。これが、トリップホップの流れにも影響を与えたと言われている。その後、Baby Ford(Soul Capsuleでも共に活動をしていて、個人的に大好きなZIPやBen UFOのミックスにも彼らの曲はフィーチャーされている)との出会い以降、彼の音楽はグッと電子寄りになり、ミニマルなスタイルも加速して行く。今回紹介するこのアルバムは、彼が10年以上前からリリースを重ねて来ているPerlonから2014年にリリースされた「Meditation」シリーズのEPを1枚のアルバムにまとめたものだ。

まず、1曲目から90年代初頭に世を席巻したMixmaster MorrisのThe Irresistible Forceさながらのチルアウト感覚で、瞑想を促すようなトランシーなミニマル・トラックで始まる。続く「Meditation 2」はいかにもPerlonらしいミニマルなノリだが、即興ピアノのようなフレーズが印象的で、Sweet Exorcistの不気味なブリープ曲に近い雰囲気を醸し出している。「Meditation 3」では、エコーのかかった男性の声がインナースペースを意識させ、「Meditation 4」は女性の深呼吸音で始まり、官能的な呪文が唱えられるようなディープでスモーキーな曲となっている。「Meditation 5」はほんのりダブテクノを意識しつつも昇天するような軽やかさで展開されるハウストラックだ。そして、最後はアフリカンな子供達の歌声と呪術的な歌声がトライバル・トランスな高みへと誘うような曲で締めくくられる。いずれの曲も、ミニマルを基調としながら、色々なタイプの瞑想音楽を目指したような感じがする。この作品を聴いて、自分に合ったメディテーションを探してみるのもいいかも知れない。









Minimal Techno Connected to Your ‘Inner Space’

Thomas Melchior of Melchior Productions Ltd from Germany has started his carrier as a member of a Jazz/Funk oriented band. In the early 90’s, under the project name Ohm, he has made Jazz and Funk merge with factors of Electronic music, and has released few records of that line which is often referred to as Leftfield music. It is also said that such records may have opened a way for Trip Hop to emerge out. His music then has been pushed more towards Electronic and Minimal fields, since his acquaintance with Baby Ford (plays together as Soul Capsule; their music can be heard in ZIP and Ben UFO’s mixes). This album is a collection of “Meditation” EPs that have been released in 2014 from Perlon, the label from which he had been releasing his records since more than 10 years ago.

The opener track of the album is a Trance/Minimal track which is quite a Chill-out track that could lead you to a good meditative state, likely as Mixmaster Morris’ The Irresistible Force has done for you in the 90’s. “Meditation 2” is a track with Perlon-like Minimal bounces accompanied with some improvised piano phrases, and sounds freaky as early Sweet Exorcist’s bleepy tracks. In “Meditation 3”, a narrative echoing reminds you of your ‘Inner Space’, and “Meditation 4” starts with a female’s expiratory sound and then there appears a sensual spell-chanting voice, which leads you to a smoky deepness. “Meditation 5” is an uplifting House track fringed with traits of DubTechno. The closer track features singing voices of African children and shamens, that gradually maximize the spirit of Tribal Trance till its end. All of the tracks in the album are Minimal at their basics, but they seem to vary in types when thought in terms of Meditational Music. Try to find your best fit sound for meditation by listening to this album.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。