スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helio Parallax

helio parallax


NY発→東京経由 Sci-Fiダブ

これは、説明が難しい1枚。Takuya NakamuraとMarihito Ayabe(Chimp Beams)という日本人2人にJosh Wernerの3人によるプロジェクト。Takuya Nakamuraはトランペットやキーボードその他電子楽器周りで、Josh Wernerはベースをはじめとするストリングス系、Marihito Ayabeはダブとプログラム系という役割なのだろうが、3者の関係をつなげているのは、やっぱりダブということになるのだろうと思う。アルバム全体として、Sci-Fiな雰囲気を出してはいるが、おもしろいことに、なるべくコンピュータを使わずに、演奏をすることを心掛けて作られたらしい。

冒頭の曲からリー・スクラッチ・ペリーじゃないけど、ダブダブなレゲエの流れがありながら、最後は、ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」のイントロみたいなトランペットで落ち着くという妙な展開がある。アルバム曲の半分くらいは、Takuya Nakamuraのトランペットをフィーチャーした、ジャズ風味が漂う、ダブ・サウンド。ただ、日本人2人が参加しているということもあり、端々に日本的なエレクトロの香りも感じる。「Soft Blind Pony Ride」という曲は、あのPerfumeを思わせる、エレクトロ・女性ヴォーカルに、メロディもそれらしき、ジャパニーズ・テクノポップの雰囲気を持たせている。総じて言うと、ダブを多用しながらも、J-POPとジャズが交差し、80年代のAORのような雰囲気で、トランペットやオルガンを使った黄昏ハービー・ハンコックのような曲が月世界的で、程良く電子的だったりする、とでも言いましょうか。自分でも書いていて、意味不明だが、そんな世界観。ただ、好みのツボにはまると、ちょっとクセになるアルバムでもある。




Sci-Fi Dub from N.Y. via Tokyo

It is quite difficult to explain about this album. The members of this project are, Takuya Nakamura, Marihito Ayabe, and Josh Werner. Takuya Nakamura, a Japanese producer living in New York plays trumpet, keyboards, and manages other electronics; Josh Werner plays bass and other string instruments; and Marihito Ayabe, a member of Japanese Hip Hop group, Chimp Beams is in charge of dub sound and programming. I guess that Dub is the main factor which connected these three musicians’ relationship together to start the project. It is true that the album as a whole has a Sci-Fi feeling, but interestingly, the project members had tried their best of being less dependent on computers, and they rather played their instruments by themselves.

The opening track starts with reggae oriented dub tune, say it’s a Lee Scratch Perry-ish part, but it resumes with trumpet’s sound which reminds me of the intro of Billy Joel’s “Stranger”. Most of the tracks in the album features Takuya Nakamura’s trumpeting, and are Jazzy Dub style. But, interestingly enough, since two members of the project are Japanese, I think there lie a slight flavor of Japanese Electro in some of the tracks. In “Soft Blind Pony Ride”, a female vocal is featured well like an electronic vocal of Japanese Techno Pop group, Perfume, and the lines do sound oriental also. It is still difficult to express the album’s style in simple words, but let me try. The overall effect is Dubby, and some parts are like Japanese Electro intersecting with Jazz, and some other parts are like Herbie Hancock in twilight with sounds of trumpets and organs, creating 80’s AOR feeling, and they all swimming in a pool of electronic and lunar world atmosphere. Anyhow, if anything clicks inside you when listening to this album, I think it might keep you entertained more and more afterwards; and that, I say is the strange thing about this album.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。