FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lee Gamble / Koch (2014)

Lee Gamble / Koch (2014) leegamblegraph.jpg
Release Date: October, 2014


古く、惨めなサブカルチャー

既に去年の段階で、称賛を浴びたLee Gambleのアルバム「Koch」。古くは、Heckerの「Sun Pändamonium」やNHK、最近ではObjektの作品をリリースしているPANから、彼は2012年に既に放射性崩壊のような音楽をリリースして話題となっていた。そして、このアルバムによりAndy StottやActressと共にその名が語られるようになり、電子音響の新しい地平線がまた広がったと評されるまでになった。

多くのレビューにも書かれているように、ビートの深さや重さや、その実態というよりは、その魂の部分のみが音楽のスープの上澄みのようにすくい取られて、ドロドロに溶かされた別の音楽の溶液に混ぜられたような感じとでも言おうか…。そんな音楽がアルバム全編を通して流れる。一見、それは、Burialのような(HyperdubのコンピレーションにLee Gambleは曲を提供していることもあり)ダークな荒廃感に包まれているが、耳を澄ますと、遠くでこれまでフロアを揺るがして来た、あらゆる音楽の亡霊がうめき声をあげながら彷徨っているのを感じる。

印象的なのは「古く惨めなサブカルチャー」という言葉が泥水の中でつぶやかれているような曲、「You Concrete」。この言葉はまるで、アルバム全体に呪いをかけているかのようだ。「Head Model」は骨が砕かれ、瀕死の状態のModel 500が北極海の氷の下に沈められているような曲で、「Hmix」はJeff Millsの宇宙船が放射能に汚染された沼にはまり、徐々に崩壊して行くような音楽だ。「Frame Drag」のようなアンビエントな曲にしても、そこにあるのは腐食した空間で、しまいにはその位相がズレ、狂気の地平に辿り着く。「Voxel City Spirals」のようなグリッチな曲にしても、機械はクリーンな空間ではなく、自分の臓器と夢のなかで暴走するかのように表現されている。ダブテクノの片鱗を見せる「Jove Layup」などのような曲においても、テクノの秩序は徐々に砕かれて、不毛な地平線に崩れ消えて行く。まさに、Lee Gambleは、ありとあらゆるタイプの電子音響がアンビエントの底に崩れ落ちる様を表現しているかのようだ。「古く惨めなサブカルチャー」という言葉が深く心に残るアルバムだ。








Old Miserable Subculture

Lee Gamble’s “Koch” is an album which has obtained a significant recognition last year. His music which sounds like a music going through some kind of a nuclear decay, has already being talked about much by 2012, when he had made releases from PAN, a label known for releasing Hecker’s “Sun Pändamonium” and NHK’s records in its old days and Objekt’s record recently. And by the release of this album, he is now being esteemed to be one of the artists standing on the same line where Andy Stott and Actress may stand, and is said that a new horizon of Electronic music has been created by this album.

As many reviews may say, it is not such as deepness, weight, or actuality of beats that take part in the music of the album, but only their spiritual portions, like supernatant fluid parts of a music soup, are being scooped out and are being mixed with another disintegrated music solutions to make up the wholeness of the album. The mood simply resembles that of Burial’s dark and dilapidated world (remembering that Lee Gamble has once joined Hyperdub’s compilation album), but if you are careful enough, you can hear phantoms of floor-hitting tunes moaning afar.

Which sticks in my mind the most is the track called “You Concrete” in which a narrative, as if being murmured under the ditch-water goes “’tis old, miserable subculture”. For me, the words sound like a spell putting a curse on this album. “Head Model” is the track that sounds like Model 500 dying by having all the bones being fractured and being sunken under the Arctic Ocean’s ice. “Hmix” is the track in which you can hear Jeff Mills’ spacecraft tearing down gradually, for it is being dropped in a swamp with radioactive contamination. Decayed atmospheres are what you would find in Ambient tracks such as “Frame Drag”, and the music of such is led to some borders of insanity by going through various phase changes that take place within. In a Glitch track, “Voxel City Spirals”, machines do not riot in a clean open-space, but runs around in your organs and dreams. In tracks like “Jove Layup” that possess some aspects of DubTechno, the order of Techno is being destroyed and then diminishes to a barren horizon. It is as if Lee Gamble is expressing the ways how all of Electronic music styles decay down towards the depth of Ambient music. The album indeed engraves the phrase, “’tis old, miserable subculture” in my mind.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。