FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ornaments Symphony 3 Mixed by Rhauder

Ornaments Symphony 3 Mixed by Rhauder ornamentsgraph.jpg
Release Date: January, 2015


「静」と「動」のショーケース

Ornamentsは2008年頃からダブテクノやディープ・ミニマルのレコードをリリースしてきたベルリンのレーベルで、本ブログでも紹介したMarko Fürstenbergもいくつかのリリースをこのレーベルから行っている。そして、今回紹介するアルバムは2~3年に一度のペースでリリースされる、「Ornaments Symphony」シリーズという同レーベルのショーケース的なミックスCDの第3弾となる。Echocordからもリリース作品のあるLuke Hessも前のバージョンにあたる「Ornaments Symphony 2」のミックスを手掛けている。

今回のRhauderによるミックスは2枚組CDとなっていて、それぞれで微妙にテイストの違うミックスが収録されている。まずディスク1のミックスは、同レーベルのyouAND:THEMACHINESの楽曲を曲と曲の間のブリッジとしても多用し、比較的ダブテクノ色の強いアトモスフェリックな印象に仕上がっている。ミックスの始めの方はダブテクノの世界がディープに広がるが、中盤でyouAND:THEMACHINESの「Sway」が登場し、いかにもDerrick Mayの「Strings of Life」的なピアノ音で、その世界に変化を与えている。そして、その後のCarlos Nilmmnsの「Light and Shadow」と「The Longer We Wait」で、デトロイトテクノ的な美しい流れが頂点に達する。終盤の「“Sansula” (Basic Soul Unit Remix)」はDrexciya風な不気味さがあり、最後はGlobal Communicationの「76:14」をブルース調にしたような「1984」で幕を閉じる。

ディスク2はThe Analog Roland Orchestraの曲が多く使われていて、ディスク1よりは、ダンサブルで、なおかつテクノやエレクトロの要素が強くなっているように感じる。ミックス中盤でThe Analog Roland Orchestraの「Memoryman」がエレクトロなムードを盛り上げ、そこから繋がるMod. Civilの「Sunbeam」は、あのPerfumeが唄いそうなレベルのエレクトロ感でおもしろい。そして、このエレクトロ・フェーズの後に続く「Wax」のRedshape(Delsinのミニマル異星体)によるリミックスから「Drift」のSteve Bugによるリミックスまでの流れはミニマル・テクノ的なハイライトとなる。ミックスの最後はRhauderとPaul St. Hilaireのコラボによるディープすぎるダブテクノだ。このように聴くと、まさにこれはOrnamentsがレーベルとしてもつ「静」と「動」の側面を2枚のディスクそれぞれで表現したような、そんな作品と言える。








A Showcase of ‘Tranquility’ and ‘Dynamism’

Ornaments is a Berlin based label which has been releasing DubTechno and Minimal records - including Marko Fürstenberg’s releases - since 2008. This is the latest album of “Ornaments Symphony” series, the label’s showcase mix CDs that are released once every 2~3 years. Luke Hess (known for few releases from Echocord) has mixed the last version of the series, which is “Ornaments Symphony 2”.

As for this version, Rhauder provides mixes of two different moods in two separate CDs respectively. In CD1, he makes good use of youAND:THEMACHINES’ tracks, even as bridges between different artists’ tracks, and the overall atmosphere of the mix is pretty much oriented to DubTechno. Deepness of DubTechno diffuses as the mix goes on, until youAND:THEMACHINES’ “Sway” starts to play a piano that sounds like the one you would hear in Derrick May’s “Strings of Life”. Then follow are “Light and Shadow” and “The Longer We Wait” by Carlos Nilmmns, which by both create a beautiful climax of the mix to flow in to the world of Detroit Techno. “Sansula (Basic Soul Unit Remix)” which comes at the end of the mix is eerie as some of Drexciya’s tracks, and the closer, “1984” sounds like a Bluesy version of Global Communication’s “76:14”.

I can hear much from The Analog Roland Orchestra in CD2, and feel that the mix here is more Electro and Techno oriented, and danceable than that of CD1. The Analog Roland Orchestra’s “Memoryman” maximizes the Electro mood in the mix, and “Sunbeam” of Mod. Civil which follows sounds like a track that could be sang by Perfume (a Japanese Electro Pop girl group; see their video HERE). After this Electro phase, the flow starting with Redshape’s (whom I call as an extraterrestrial Minimal being of Delsin) remix of “Wax” and ending with Steve Bug’s remix of “Drift” would be the high-light of the Minimal Techno phase in the mix. The closer is Rhauder’s deep DubTechno track which features St. Paul Hilaire. Thus, by providing two separate mixes of two different moods as this, Rhauder might have tried to express the label’s two characteristic aspects, which namely are aspects of ‘tranquility’ and ‘dynamism’.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。