スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shotahirama / surf

shotahirama / surf shotahiramagraph.jpg
Release Date: January, 2015


電子破片の物語

ニューヨーク生まれで、日本とニューヨークを拠点に活動をするshotahiramaは2010年頃から日本でも認知度を高めて来たグリッチ・ノイズ系のアーティスト。そもそもあまり黒人の音楽文化の影響を受けていないと本人も言っており、どちらかと言えばソニック・ユースやジョン・ゾーンに影響を受け、当初はギターを主とした音楽を作っていたが、2000年代後半より電子音楽へと移行したとのこと。本作は、2014年にリリースされた彼の作品を4枚のCDにまとめ、ポスターや缶バッチなどをボックスにまとめたデラックス版だ。

まず、このボックスの中で重要なのは、2014年の彼の代表作とも言える「post punk」で、これには17分程度の「Copernicus」という曲が収録されている。冒頭から金属のノイズとラジオの音の断片が充満する密度の濃さで、聴く側の意識をどんどんと摩耗させる。そして曲の中盤では、古き良きテレビゲームのような世界観が乱入し、ほんのりヴェイパーウェイヴな雰囲気を出し、終盤ではインダストリアルを思わすビートが登場するが、それは決して重いものではなく、まるでビートそのものが何度もコピー機でコピーされ、劣化したような感じのものになっている。2枚目のCDの「Cluster」は宇宙の果てで見知らぬ惑星の数々から発せられる電子信号と電磁場と音階・コードと、それを取り巻く宇宙塵の金属によって作り出されるカオスの壮大なるオーケストラ。3枚目の「clampdown」はMiclodietとのスプリットEPで、shotahiramaの「Cassini」は、金属の液体の滴がスチールのシンクに落ちるようなビートが、曲の終盤で土着的なビートに変貌するグリッチだ。一方、Miclodietの「Where Evil Dwells」はインダストリアルなビートに大きな蜂のロボットが飛んでいるように聴こえるが、そのビートが終盤にかけてどんどんルーズになり、重油がドロドロと辺りに流れ広がるような音楽になる。4枚目のCDにはカセットのみでリリースされた「Modern lovers」が収録されていて、個人的に好きなのは2曲目の「And the Elevator Music in the World Trade Center (r-L)」だ。電子の豪雨の中、階段を繰り返し降りるような音がし、最後はあらゆる電子機器のハウリング音が充満し、何かが崩壊する様子が臨場感をもって表現されている。いずれの作品も世界観はそれぞれ違うが、鋭利な電子音の破片が飛び散る彼の作品群のなかに共通しているのは、自由奔放なアブストラクト感というよりは、どこかストーリーめいた律儀な佇まいのような感じがし、ある意味、日本的でもあるように思えた。








A Tale of Electronic Splinters

shotahirama is a New York born, Japan and New York based Glitch & Noise oriented artist, who has gained a certain degree of popularity in Japan by the year 2010. He says that black music culture is not something that has influenced him, and reveals that he rather favor Sonic Youth and John Zorn. He first has started a guitar based band, but has shifted to create electronic music by late 2000’s. This release is a box set which consists of four CDs of his 2014 releases, and it also includes a poster and badges of related art works.

Firstly, the most notable album included in the box would be “post punk” (includes a 17min. track called, “Copernicus”), which is counted as his best work of the year. From the beginning of the track, it is filled with quite a density of noises being created by scratching metals and cut up radio sounds that may tear down your consciousness. Whereas, an old school video game sounds - that remind me of Vapor Wave thing - sneak in to the music later, and then is followed by less-heavy Industrial beats, in other words, ‘degraded’ Industrial beats, that may sound blunt as outcomes of beats being xerroxed many times over and over. The second CD, “Cluster” is an album which plays a grand orchestrated sounds of chaos that consist of electronic signals, electromagnetic fields, and musical scales and chords pulsating from unknown planets located at the end of the universe, all mixed up with metallic space dusts that surround them. The third CD, “clampdown” is a split EP with another Japanese artist called Miclodiet. “Cassini” by shotahirama is a Glitch track which starts with beats of metallic liquid dripping down to a steel sink, but they transform in to tribal ones later. Robots of fat bees buzz around in Miclodiets’s “Where Evil Dwells”, the track which beats in an Industrial manner, but loosens its tightness gradually, as if by oozing out raw petroleum from within. The forth CD consists of “Modern Lovers”, an album that has been released in a cassette format. My favorite track in this is “And the Elevator Music in the World Trade Center (r-L)”, the track in which you can feel electronic rain falling hardly as sounds of steps declining the stairs echo, and machineries start to howl as if indicating something is about to fall apart. As can be seen, his works filled with electronic splinters do vary in moods by pieces, whereas I feel that they are common in one sense, not just for being Abstract, but rather for having a storytelling-like attitude accompanied by conscientious aura; which I feel is characteristically Japanese.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。