スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Beltran Presents Music for Machines (2014)

John Beltran Presents Music for Machines (2014) johnbeltrangraph.jpg
Release Date: December, 2014


アンビエントの未来は見えるのか?

John Beltranは1996年にリリースされたアンビエントの名作「Ten Days of Blue」で最もよく知られ、Derrick May やCarl Craigなどのデトロイト・テクノ勢のエレガントでメランコリックな面をアンビエントに発展させたプロデューサーでもある。本作は、彼が無名のアンビエントアーティストの作品を自身の曲などと共にコンパイルした、アンビエント作品集となっている。

まず、1曲目のWinter Fallsの「Waterfall Winds」はコクトーツインズのようなギターのエコーと共に、マーチングバンドのようなドラムの音が鳴る個性的な曲だ。また、Merrin Karrasの「The Veldt」は、まるで三角形のセロファンのような光が交差するキラキラした曲で、坂本龍一のChain-musicに参加したこともあるTBAことNatalie Beridzeのトリップホップ的な曲も印象的だ。Sons of Melancholia(onmutu mechanikcsのArne Weinbergなどの作品のリリースでも知られるアンビエント・ドローン系のレーベルdiametric.からアルバムを出している)の「For Val」は、地下工場で蒸気ポンプが動いているようなダブテクノ的な雰囲気を漂わせながらも、アンビエントな地平線が伸びて行く感じを表現しているのがおもしろい。ただ、このアルバムの一番の聴きどころは、やはり無名アーティストの楽曲の間を縫うように収録されているベテラン勢の楽曲だ。その完成度は群を抜いている。John Beltranの「Music for Machines」のストリングスによる雄大なメロディーは、このアルバム全体のアンビエンスを包み込むかのようだし、圧巻はデトロイト・テクノをジャズの領域へと引き込んだAs Oneで知られるKirk Degiorgio(最近では、サンバ調のテクノにシフトしているが)の久々のアンビエント作品「High Tide」だ。ビロードのような柔らかいベースがメランコリックなメロディーを下支えし、その上をキリギリスの鳴き声やクリスタルが奏でる歌声、そしてシンセ・ストリングスがせせらぎのように流れ、印象派の名画のように美しい。そして後半では、チルアウト界のベテランのMick Chillageが眩暈を起こしそうなくらい美しい青空を空中遊泳し、太陽の光の環と戯れるような気分にさせてくれる「Only in My Dreams」を提供している。最後は、John Beltranがほんのりノイジーなギターとベースでサポートする、シューゲーな雰囲気の「Mississippi」で幕を閉じる。

また、アルバムのジャケットの中面には、現代アメリカが誇るコンピューター科学者、発明家にしてフューチャリストのレイ・カーツワイルの言葉の引用が印刷されている。

「私は発明家である。私が長期的なトレンドに興味を持つようになったのは、なぜならば、発明はそれが完成された世界で、その意味をなし、それが開始された世界では、意味をなさないからである」

なるほど、アルバムのジャケットにも同氏の著書「スピリチュアル・マシーン コンピューターに魂が宿るとき」の表紙のタイポグラフィーに似た書体がデザインされている。これら、引用とデザインから読み取っても、このアルバムが新しい芽となるアーティストの作品と完成されたベテランの作品を集めた、アンビエントの現在と未来を示そうとしているアルバムなのだということがわかる。








Can the Future of Ambient Music be Seen?

John Beltran is known well for his excellent Ambient music album, “Ten Days of Blue” (1996), and is also known as a producer who has stretched out aspects of elegance and melancholy that color the mood of Detroit Techno (mainly of such by Derrick May and Carl Craig) towards the field of Ambient music. In this album, he compiles tracks of various Ambient music artists of not yet well known, together with works of well-known artists including himself.

The opener track, “Waterfall Winds” by Winter Falls is an interesting track in which guitars echo like Cocteau Twins’ music, while a marching band’s drum rolls at the same time. Merrin Karras’ “The Veldt” is a track in which light rays flicker like triangular cellophane sheets flying around, and a Trip Hop track by Natalie Beridze (a.k.a. TBA, known in Japan for contributing a track to Ryuichi Sakamoto’s Chain-music project) is impressive also. “For Val” by Sons of Melancholia (his album is being released from diametric., an Ambient-Drone oriented label known for releasing records of onmutu mechanicks’ Arne Weinberg) is a track which opens with DubTechno-ish sounds of steam pumps pumping in an underground factory, and closes with the characteristic sonic horizon of Ambient music that stretches out to its rims. Yet, smuggled within such newcomers’ tracks are brilliant tracks created by Ambient music producers of not-born-yesterday. They are exquisite indeed. John Beltran’s “Music for Machines” embraces all of the ambience existing in the album by its sublime melody. The masterpiece indeed is “High Tide”, a long awaited Ambient piece by Kirk Degiorgio (given that his recent works are Samba oriented Techno) a.k.a. As One, who has pulled in Detroit Techno way towards the Jazz territory. The bassline gentle as velvet beds under the melancholic melody, and crickets sing, crystals ring with streaming Synth sounds of strings, creating such a beauty found as in impressionists’ paintings. Then Mick Chillage, a proficient figure of Chill-out field provides “Only in My Dreams”, the track which lets you glide in a dazzling blue sky, and play around with halos of sunlight circling around you. The closer, “Mississippi” is a Shoegaze oriented track in which John Beltran plays his guitar and bass noisily and gently.

Inside the cover of the album, printed is a quote by Ray Kurzweil, an American computer scientist, inventor, and futurist.

“I’m an inventor. I became interested in long-term trends because an invention has to make sense in the world in which it is finished, not the world in which it is started.”

Well done, the typography of the title printed on the cover of the album even resembles with that printed on the cover of Kurzweil’s book, “The Age of Spiritual Machines: When Computers Exceed Human Intelligence”. Even from these conceptual and visual aspects, I can imagine that the album is being compiled as to present the now and the future views of Ambient music; so indeed it includes the tracks of new artists and well known ones all together in one.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PROFILE

313UFO

Author:313UFO
LUV 4 ELECTRONIC MUSIC @ TOKYO

New Posts
A Must Buy
Kraftwerk-Rework
Category
Twitter @electro_sonica
Archives
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。